おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU


IMAGE(LUNA SEA)

 

IMAGE(DVD付) 

今回は、LUNA SEAのIMAGEの感想を記載します。

LUNA SEA(ルナシー)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。

1989年に現メンバーで結成。

1992年にメジャーデビュー。

2000年、東京ドーム『LUNA SEA THE FINAL ACT TOKYO DOME』を最後にバンド活動を終幕。
2010年、「LUNA SEA REBOOT」メッセージを発表しバンド活動を再開。

2019年に結成30周年を迎えた。

LUNA SEAとは「月と海」という意味(LUNAはラテン語、SEAは英語)。

インディーズ時代は狂気という意味の『LUNACY』というバンド名であった。

活動期間:1989年~2000年

     2010年~現在活動中(2020年) 

 

現在(2020年)のバンドメンバー

ヴォーカル:RYUICHI

ギター、ヴァイオリン:SUGIZO

ギター:INORAN

ベース:J

ドラムス:真矢   

 

IMAGEとは

IMAGE(イメージ)は、1992年に発売されたLUNA SEAのメジャー・デビュー・アルバムであり、通算2枚目のオリジナルアルバム。

2007年に最新リマスタリング音源、DVDとの2枚組で再発された。

DVDの内容は「Déjàvu」のPV。

 

【収録メンバー】

ヴォーカル:RYUICHI

ギター、ヴァイオリン:SUGIZO

ギター:INORAN

ベース:J

ドラムス:真矢 

 

曲順

1. CALL FOR LOVE

2. Dejavu

3. MECHANICAL DANCE

4. WALL

5. Image

6. SEARCH FOR REASON

7. IMITATION

8. VAMPIRE'S TALK

9. SYMPTOM

10. IN MIND

11. MOON

12. WISH

 

作品について

やっぱりルナシーはカッコイイ。 

当作品に限らずルナシーのサウンド的特徴はダークでゴシック感のあるロックサウンドと青く透き通るような透明感です。

これは他のヴィジュアル系には無いルナシー特有のものだと思えます。

当作品においては初期の頃ならではの演奏技術における荒々しさがありますが、幻想的で美しいサウンド要素が強く透明感に溢れた非現実的な世界観を味わう事ができました。

今もなお色褪せないルナシーの『音』の数々に再び魅了されております。

 

1. CALL FOR LOVE

1分にも満たない儚い楽曲(またはSE)。

幻想的なコーラスが美しく緊張感があります。

緊張感を維持しつつ次の楽曲『Dejavu』へ繋がっていきます。

  

4. WALL

哀愁感のある爽やかなロックナンバー。

前曲『MECHANICAL DANCE』で熱くなった心と体を良い感じにクールダウンさせてくれました。

浮遊感のある美しいサビメロが素晴らしく、不思議な感覚になりました。

聴く者を惹きつける音の数々に心を奪われたと同時に物凄い音楽的センスを感じました。

やっぱりルナシーって凄いね。

 

5. Image

ミドルテンポでストレートに流れ続けるロックナンバー。

浮遊感のあるヴォーカルラインと神秘的なアコースティックギターの音色が非常に良い仕事をしています。

それらによって幻想的でノスタルジックな世界観が構築されています。

ヴァイオリンの透き通る優雅な旋律が鳴らされると一層味わい深くなります。

ルナシーの『美』のセンスが輝いています。

f:id:yt0719yt:20200620082101j:plain

 

6. SEARCH FOR REASON

ダークでおどろおどろしいホラーテイストな楽曲。

ヘヴィかつスローテンポなので不気味感がより強くなっています。

苦痛的で狂気なシャウトに戦慄が走る。 

だが、幻想的で美しい。

異空間に居るような錯覚を覚えました。

 

7. IMITATION

美的センスのあるアグレッシブなロックナンバー。

イントロの透明感溢れるギターアルペジオが素晴らしい。

速攻で惹き込まれました!!!

ガラスのような繊細な世界観に包まれうっとりしました。

これまたルナシーの『美』のセンスが輝いています。

 

8. VAMPIRE'S TALK

ルナシーの音楽的センスに脱帽。

悲壮感漂う静かなサウンドから躍動的なサウンドへ展開していく曲構成が素晴らしい。

様々なサウンド要素が詰め込まれていますが、嫌味にならず聴き手を飽きさせない工夫がなされています。

独自性が強く重厚感もあって後を引く楽曲です。

ルナシーサウンドの奥深さを体感できました。

f:id:yt0719yt:20200620172659j:plain

 

9. SYMPTOM

当アルバムの中で最速テンポのロックナンバー。

シャウトを含め狂気に満ちた激しいサウンドが疾走感を纏って次から次へと襲い掛かってきます。

ルナシー流ハードコアが炸裂!!!ブチ切れてます!!!

だが、ルナシー特有の美しいサウンド要素はしっかり存在しています。

あまりの変貌ぶりにルナシーのもう一つの側面を体感しました。

f:id:yt0719yt:20200620172732j:plain

 

10. IN MIND

軽快なロックナンバー。

爽やかでリズミカル。

ゴシック感のあるサウンドが印象に残ります。

コンパクトで気軽な感じが良いです。

 

11. MOON

1stアルバム『LUNA SEA』にも収録されている楽曲ですが、演奏時間(演奏内容)がこちらの方が長くなっています。

壮大感のある美しいスローナンバー。

幻想的で美しいサウンド要素が強くて青く透き通るような透明感に溢れた非現実的な世界観を味わう事ができました。 

凄まじくドラマティックでルナシーの世界観が無限に放たれています。

ルナシーの特徴や魅力が凝縮されたルナシーサウンドの真骨頂であります。

 

おんすきの選曲

・Dejavu

MECHANICAL DANCE

・WISH

 

選曲の感想

・Dejavu

LUNA SEAの代表曲。

アグレッシブで激しいロックナンバーでありながらルナシー特有の透明感と幻想的で美しいサウンド要素は失われておらず絶妙なバランスを保っています。

シンプルでキャッチーという理想的な楽曲内容に仕上がっています。

また、初期の頃ならではの荒々しいヴォーカルスタイルと鋭く尖った危険な要素もあってカッコイイです。

『WISH』と同様、この楽曲もアルバム『IMAGE』を象徴するような存在感を強く放っています。 


LUNA SEA - 「Dejavu」MV

  

 

MECHANICAL DANCE

シンプルかつラウドなベースイントロに悶絶!!!

攻撃的で男気のある熱いロックナンバー。

極太なベースラインと激しく叩きつけるドラミングの連続に興奮が止まらない。

爽やかさのあるキャッチーなサビメロもまた素晴らしくて燃え上がります。

熱い!!!とにかく熱い!!!なんだか無性に暴れたくなりました。 

Mechanical Dance

Mechanical Dance

  • LUNA SEA
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・WISH

LUNA SEAの代表曲。

爽やかで明るいポジティブなサウンドが素晴らしいロックナンバー。 

シンプルな曲構成の上に最初から最後までキャッチーなメロディが続く見事な完成度、これを聴かずしてルナシーは語れないでしょう。

ルナシーを初期の頃から支えてきた名曲中の名曲で超人気曲です。

アルバムの最後を飾るに相応しい楽曲であり素晴らしい要素が絡み合った珠玉のサウンドの数々に感動が止まりません。

(ライブの定番曲で、2000年に活動休止する際に東京ドームで行った『LUNA SEA THE FINAL ACT TOKYO DOME』でラストナンバーとしてこの楽曲が演奏されました) 

Wish

Wish

  • LUNA SEA
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

IMAGE(DVD付)

IMAGE(DVD付)

  • アーティスト:LUNA SEA
  • 発売日: 2007/12/05
  • メディア: CD
 

 

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

 

以上、LUNA SEAのIMAGEの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事 

www.ongakugasuki.com

  

www.ongakugasuki.com

  

www.ongakugasuki.com

  

www.ongakugasuki.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界