おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU
スポンサーリンク

ANTHEM(ANTHEM)

 

アンセム

今回は、ANTHEMのANTHEMの感想を記載します。

ANTHEM(アンセム)は、日本のヘヴィメタルバンド。

柴田直人を中心に1981年に結成された。

1985年にキングレコードよりアルバム『ANTHEM』でデビュー。

1992年にバンド解散。

解散後、バンドリーダーの柴田直人は1994年~2000年までラウドネスに参加。

2000年、柴田直人、本間大嗣(ドラム)と共にラウドネスを脱退。

2001年、アンセムを再結成(坂本英三、清水昭男、柴田直人、本間大嗣)。

活動期間:1981~1992年

     2001~現在活動中(2019年)

 

現在(2019年)のバンドメンバー

第10期(2014年~)

ヴォーカル:森川之雄

ギター:清水昭男

ベース、リーダー:柴田直人

ドラムス:田丸勇

 

ANTHEM(アンセム)は、1985年7月21日にキングレコードよりリリースされたANTHEMの1stアルバム(デビューアルバム)。

1985年の発売時にはLPとカセットテープでのみリリースされ、1987年に初CD化された。

2005年にリリースされたリマスター盤には、ROCK'N'ROLL STARS(English Version)

、STEELER(English Version)、WILD ANTHEM(Vocal Retake Version)の3曲が追加収録された。 

【収録メンバー】

(第3期)

ヴォーカル:坂本英三(1996年からアニメタルのヴォーカルとして参加)

ギター:福田洋也

ベース、リーダー:柴田直人

ドラムス:大内貴雅

 

曲順

【オリジナル盤】

1. Wild Anthem

2. Red Light Fever

3. Lay Down

4. Racin' Rock

5. Warning Action!

6. Turn Back The Night

7. Rock'n'roll Stars

8. Blind City

9. Star Formation

10. Steeler

 

作品について

バンドの未来を予感させてくれたアンセムのデビューアルバム。

当作品のサウンド的特徴は硬派で硬質感の強いHR/HMを聴かせてくれます。

演奏技術においては荒削りで何処か引っかかる部分が見受けられたり、音質のクオリティが微妙だったりします。

しかし、実直でエネルギッシュな演奏がそれらを補っておりゾクゾクするようなスリリングでリアリティのあるヘヴィメタルを轟かせてくれます。

ベテランになった最近のアンセムとはまた違った、この頃にしかない音と魅力が詰め込まれております。

  

2. Red Light Fever

テンポが速い勢いの塊のようなヘヴィメタルナンバー。

前曲『Wild Anthem』から畳み掛けるように展開される演出が素晴らしい。

この演出により『Wild Anthem』の興奮冷めやらぬまま興奮が更に高まる。

そして、荒々しいギターソロが流れるように展開され興奮に一層追い打ちをかける。

マジでたまらん!!!カッコ良過ぎる!!!

  

3. Lay Down

ズッシリと重いパンチの効いたメタルナンバー。

ダークな雰囲気にメタリックなサウンド。

全体的におどろおどろしいが渋くてクセになる。

絶妙なタイミングで展開される闇を切り裂くような神々しいギターソロがカッコイイ。

そして、硬派!!!

 

4. Racin' Rock

出だしから激疾走のメタルナンバー。

とにかくテンポが速くてストレートに突っ走る。

まるで猪突猛進。

ラウドでスウィングなベースソロもまたカッコイイ!!!

これら荒削りで勢いまみれのサウンドは、初期アンセムならではだと思います。

 

6. Turn Back The Night

王道的で正統派なヘヴィメタルナンバー。

クール&ヘヴィなギターのリフが印象的でカッコイイ!!!

ザクザクとリズムが刻まれていく快楽に溺れていく。

疾走感もあって爽快で堪らない!!!

これはアンセムを代表する楽曲『Wild Anthem』や『Warning Action!』に引けを取らない名曲だと思います。

  

7. Rock'n'roll Stars

曲名のとおりまさにロックンロールな楽曲です。

パンクっぽい感じもあって面白い。

速くてストレートで爽快でノリノリです。

ノリノリな気分にギターソロが風を切って追いかけてくる。

スカッとしました。

 

8. Blind City

正直、歌唱力が微妙なヴォーカルだと思ってしまいました。

だが、余計にリアリティを感じさせる上に実直で一生懸命さが伝わってくる。

この段階があるから今のアンセムがある。

そう思うと、この段階は決して無駄では無かったと考えられる。

これは進化の一環だと思いました。

 

9. Star Formation

ワイルドでアメリカンなヘヴィメタルナンバー。 

前曲『Blind City』と同様、歌唱力が微妙なヴォーカル。

だが、この楽曲においてもリアリティと実直で一生懸命さが伝わってくる。

そして、この段階を踏まえたから更なる進化を遂げて後にリリースされた『TIGHTROPE』や『BOUND TO BREAK』という名盤が生まれたと思います。

この段階はやはり無駄では無かった。

 

おんすきの選曲

・Wild Anthem

・Warning Action!

・Steeler

 

選曲の感想 

・Wild Anthem

ANTHEMの代表曲。

デビューアルバムの一曲目にしてジャパニーズ・メタルを代表する名曲の一つ。

王道的で正統派なヘヴィメタルナンバー。

特別な演出はほとんど無く全体的にシンプルな曲構成ではあるが存在感が別格で運命の楽曲という印象を強く受けました。

燃えます!!イントロのギターのリフが流れただけで自然にテンションが上がり嬉しくなってしまいました。 

リフとは?

リフとは同じ短めのメロディを幾度も繰り返す演奏法。

そのメロディが曲の特徴となり、第三者にも覚えやすい効果を得ることが出来ます。 

WILD ANTHEM

WILD ANTHEM

  • ANTHEM
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

 

・Warning Action!

激しく暴走し続けるヘヴィメタルナンバー。

終始アグレッシブなサウンド構成になっており勢いを楽しむような楽曲です。

感情剥き出しのヴォーカルにスピード&ヘヴィの鬼のバッキング。

激しい!!!激し過ぎる!!!

メロディアスなギターソロまで展開させる爽快でパワフルなヘヴィメタルの名曲です。 

WARNING ACTION!

WARNING ACTION!

  • ANTHEM
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

  

・Steeler

アルバムの最後を飾るに相応しい熱くて激しいスリリングなヘヴィメタルナンバー。

スピーディーにラウドし続けるギターのリフが素晴らしくサウンドが脳裏に焼き付く。

全体的にギターサウンドが前面に出ておりギターが主役のような楽曲です。

バキバキのギターソロとツーバス連打ドラムのコンビーネーションも激熱で燃える。

アンセムの炎はここで終わらず更に燃え続けていく。 

ツーバスとは?

ダブル・ベース・ドラムとはバスドラムが2個セッティングされたドラムセット又はそれを用いた演奏技法を意味します。

略してツー・バス。

ツー・バスはハードロックやヘヴィメタルで使用される事が多く、特にスラッシュメタルやブラストビートを多用するデスメタルなどに使用される。

ツー・バスを使用する目的はワンバスでは不可能な連打を可能にするためなどがある。  

STEELER

STEELER

  • ANTHEM
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

 

アンセム

アンセム

  • アーティスト: アンセム,NEXUS ROCK LEGEND ARCHIVE COLLECTION
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2017/11/08
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

以上、ANTHEMのANTHEMの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪ 

 

関連記事 

www.ongakugasuki.com

  

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界