おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU
スポンサーリンク

PassCodeの曲を選曲してみた

 

私は女性アイドルの音楽に興味がありませんでした。

聴く音楽はロックアーティストによるヘヴィメタルやパンクばかりです。

しかし、PassCodeの音楽に出会い強烈な刺激と影響を受けました。

魅力的な楽曲を兼ね備え、パフォーマンスレベルが高くて勢いもある。

クオリティも凄い事になっている。

そして、聴く者を夢中にさせてしまう『可能性』を放っています!!!

PassCodeに完全に夢中になってしまいました。

音楽に対する考え方に大きな変化をもたらせてくれました。

 

そこで今回はPassCodeの楽曲の中から当ブログの管理人のお気に入りの曲をランキング形式で選曲をさせていただきました。

目次

 

PassCodeとは

f:id:yt0719yt:20181007191840p:plain

PassCode(パスコード)は、2013年に結成された日本の女性アイドルグループ。

【メンバー】

高嶋楓
・南菜生
・今田夢菜
・大上陽奈子

音楽的特徴はラウドロック、デジタルロック、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)、スクリーモなど様々なジャンルのサウンドを伴奏にして歌いダンスを披露するスタイルを持ちます。

絶叫(シャウト)や悲鳴(スクリーム)を展開させてその場を熱くさせる非常に攻撃的な音楽を展開させます。

また、プログレッシブロックのように様々な変化をつけた先の読めない曲構成を展開させるという特徴もあります。 

アイドルのライブでありながらモッシュ、クラウドサーフの嵐。

会場においては、もはやアイドルのコンサートとは思えない殺伐とした雰囲気を放ちます。  

PassCodeのファンのことを『ハッカー』と呼ぶ。 

スクリーモとは?

音楽ジャンルの一つ。
絶叫 (シャウト) や悲鳴 (スクリーム) を数多く繰り返すスタイルのヴォーカルが絡む音楽を指します。

 

EDMとは?

音楽ジャンルの一つ。

Electronic Dance Music (エレクトロニック・ダンス・ミュージック)。

省略してEDM。

シンセサイザー、シーケンサーなどを使用して人々を踊らせるという目的のもとで作られたダンスミュージック。

 

プログレッシブロックとは?

音楽ジャンルの一つ。

変拍子や転調を多用した複雑な曲構成を展開させたり、様々な音楽ジャンルの要素を取り入れるなど先進的、実験的な音楽を意味します。

  

 

PassCode TOP20

 

1位 Toxic

PassCodeの代表曲。

ワクワク感と疾走感が素晴らしいデジタルロックナンバー。

曲の冒頭からハイテンション!!!

胸が高鳴ります。 

全体的に明るくスピーディーなサウンド構成ではあるが、どこか切ない。

曲の中頃では『ため』の手法を用いて曲調が一旦落ち着いた感じになる。

曲の後半、『ため』が解放されると再びスピーディーな曲調になり爆発的に盛り上がる。

(ライブでは『ため』の解放と同時にオーディエンスのイエッタイガーが入る)

この『ため』の手法を用いた曲構成が素晴らしく、神懸っている。

最後はドラマティックな歌詞とメロディで爽やかに幕を閉じます。

初めて聴いた時の鮮烈的な衝撃は今でも忘れません。

『ため』とは?

間をあけたり音を徐々に大きくさせる事により緊張を蓄積させてサビなど主要な音を瞬時に出す事によって緊張を一気に解放させ急激な気分の上昇を起こさせる音楽演出を意味します。

  

イエッタイガーとは?

女性アイドルのコンサートにおけるファンによる合いの手(掛け声)。

楽曲に対し『イエッタイガー』と声を入れる事によって一層盛り上がる。

サビに突入する直前の段階で多く見られます。

 

【収録アルバム:ALL is VANITY】

 

 

2位 Club Kids never die

PassCodeの代表曲。

ハードなデジタルサウンドを伴奏にポップでキュートなヴォーカルラインが披露される。

だが、途中から激しいシャウトが炸裂し、一変してハードコアへと激化する。

今田夢菜と高嶋楓の激しいシャウトの掛け合いも展開され興奮が止まらなくなる。

追い打ちをかけるようにスクリーモの如く非常にアグレッシブなシャウト・スクリームを繰り返す。

その結果、その場が混沌(カオス)として更に荒れ狂う。

破壊力のあるサウンドです。

闘争心を煽られました。

初めて聴いた時は理性が飛んで圧倒されてしまいました。

凄まじいグルーヴである。 

【収録アルバム:ALL is VANITY】

 

 

3位 Never Sleep Again

EDMによるデジタル感と浮遊感に包まれる。

プログレッシブロックのように展開が次から次へと変わり続ける。

曲の展開が目まぐるしく速く流れるのでジェットコースターのような感じです。

次から次へと忙しい曲構成だが、バランスが良くて嫌味にならない。

そして、今田夢菜の意表をつく必殺のシャウト・スクリームが炸裂!!!

サウンドが更に激化し燃え上がる。

ライブではオーディエンスが今田夢菜のシャウト・スクリームに負けじと発狂の如く激しくサーフ、モッシュを巻き起こす。

興奮が絶頂に達し、もはや収拾がつかなくなる。

そして、パーリーピーポー!!!

見事な完成度を誇るPassCodeの傑作の一つです。 

【収録アルバム:VIRTUAL】 

 

 

4位 Tonight

耳に残るキャッチーなメロディと豪快なシャウト・スクリームが上手い具合に混在。

サウンドは早くも凄まじい盛り上がりを展開させレッドゾーンに突入させる。 

飛ばしてます!!!攻めてます!!!

サビではサウンドを更に爆発させる。

それでいてメロディが疾走していて気持ちいい。

興奮が止まらなくなりました。

『繊細な音』と『豪快な音』がバランス良く成り立っています。

その上、中毒性もあります。

楽しい上に暴れられる熱い楽曲です。

この楽曲のサビメロ等を使用したSEも素晴らしく、セットで聴くと興奮倍増。

ライブにおけるSEとは?

略してSOUND EFFECT。

ライブのオープニングに流れる曲または効果音。

アーティストが登場する際の曲(入場曲)という意味もあります。

 

【収録シングル:Tonight / Taking you out】   

 

 

5位 Ray

更に進化した!!と思わせてくれた楽曲です。

疾走感のあるメロディアスなラウドロックナンバー。

キャッチーでエモーショナル(感情的・情緒的)なサビメロが素晴らしい。

ライブにおいては、このサビメロが要因となりサーフ、モッシュ、リフトの激しさは減速することなく加速していきます。

切なくて熱いメロディです!!!

バランスが良くて洗練されており、PassCode特有のマニアック感は薄れたかもしれませんが、それでもPassCodeサウンドは残存しており充分に楽しめました。

ギターのメロディアスなリフも印象的で素晴らしく、この楽曲をしっかり支えています。

全体的にキャッチーで聴きやすい楽曲なのでPassCodeを初めて聴く方にもオススメです。

リフとは?

リフとは同じ短めのメロディを幾度も繰り返す演奏法。

そのメロディが曲の特徴となり、第三者にも覚えやすい効果を得ることが出来ます

   

【収録シングル:Ray】

 

 

6位 MISS UNLIMITED

PassCodeの代表曲。 

PassCode節炸裂!!!

ピコピコ ♪ ピューン ♪ ファミコンのような音を鳴らすイントロにより気持ちが高まる。

突然のシャウトをきっかけに曲が本格的に開始されて更に気持ちが高まります!!!

ラウドな伴奏に流れるようなスピーディーなメロディを展開、すかさず豪快なシャウト・スクリームを入れては聴く者を圧倒させます。

基本的に激しいラウドロックではあるが曲の終盤では曲調が変化し、しっとりとしたヴォーカルラインが展開され、癒されてしまいました ♪

この楽曲はライブにおいても上位に入る人気曲です。 

オーディエンスはジャンプしながらイントロのピコピコ音に合わせて声を張り上げる。

終盤においてもオーディエンスは伴奏に合わせて声を張り上げる。 

とにかく楽しくて盛り上がりました。  

【収録アルバム:ZENITH】 

 

 

7位 激動プログレッシブ

PassCodeの真骨頂。

極めて激しいヘヴィでラウドなプログレッシブナンバー。 

サウンドが大きくなったり小さくなったり、テンポが速くなったり遅くなったりと様々な変化をつけた先の読めない曲構成を展開させる。

一つの楽曲に幾つもの楽曲が盛り込まれているような内容に仕上がっています。

非常に目まぐるしく、ジェットコースターに乗っている感覚がしました。

PassCodeらしい楽曲です。 

先進的かつ実験的で楽しい!!!

【動画内、1:05から曲が始まります】 

【収録アルバム:ALL is VANITY】 

 

 

8位 AXIS

時代の遥か先を走っているようなラウドロックナンバー。

最先端的な感覚を受けました。

非日常的かつ近未来的なサウンドが印象的です。

どこか美しさもある。

洗練感もあって期待を膨らませてくれました。

そして、切れ味抜群の今田夢菜によるシャウト・スクリームが炸裂!!! 

疾走感を纏い暴走するPassCodeサウンドによってテンションが更に上がる。

ライブでも熱いサウンドを聴かせてくれました。

理性をコントロール出来ず興奮が止まらなかった。

暴れまくりで汗でビッショリになりました。 

【収録アルバム:VIRTUAL】 

 

 

9位 Kissの花束

最初は正統派アイドルソングだと思いました。

軽やかで可愛らしいJ-POPサウンド。

これはこれで聴いていて心地よかったです。

ホッとする感じで癒されました。

だが、後半から曲調が荒々しくなり雰囲気が一変して激しくなる。

畳み掛けるようにして今田夢菜によるシャウト・スクリームが炸裂するとサウンドが暴走する。

これもまた心地よかった!!!

中毒性があって面白い!!!

最後まで目が離せなくて楽しかったです。 

【収録アルバム:ALL is VANITY】

 

 

10位 Voice

メジャー1stアルバム『ZENITH』の最後の楽曲。

アルバム『ALL IS VANITY』に収録されている『Link』とはまた違った感動的なスローナンバー。

女性特有の透明感と優しさに溢れている。

メロディも伴奏も切ないが、そのサウンドの奥には前へ前へと突き進む力強さがある。

静かなる情熱的なサウンド。

壮大感のあるサビメロもまた素晴らしい。

重厚感もあって最後まで聴き入ってしまいました。

しっとりとした余韻が良かったです。

メジャーというプレッシャーに負けずこれからも『熱い』ままでいることを願います。 

Voice

Voice

  • PassCode
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

【収録アルバム:ZENITH】

 

 

11位 ONE STEP BEYOND

PassCodeが得意とするプログレッシブロックのように様々な変化をつけた先の読めない曲構成を展開させる楽曲です。

サウンドがハードになったりソフトになったりとジェットコースターの如く展開が速くて目が回ります。

だが、これが良い!!!

PassCodeらしい激しくて楽しい楽曲です。

ライブではイントロの段階で会場の雰囲気がヒートアップする。

ハッカー達の合いの手(掛け声)もヒートアップ。

曲の後半、伴奏に合わせてオーディエンスが大合唱のように大きく声を上げ続ける。

私は最初はこの楽曲があまり好きにはなれませんでしたが、ライブにおけるオーディエンスの大合唱を聴いて鳥肌が立ちました。

PassCodeとオーディエンスが一体となって盛り上がっていく流れが素晴らしいです。

この一体感はライブでないと分からないと思います。

そして、この曲が好きになっていきました。 

【収録アルバム:ZENITH】 

 

 

12位 Same to you

PassCodeによるマニアックさが容赦なく大暴れ!!!

拍子やテンポの変化、ラウドロック、エモーショナルなど様々な音楽的要素が詰め込まれている難解な楽曲の一つであり、プログレッシブロックを彷彿させる。

前衛音楽のような感じがあって、聴き慣れるには時間がかかりました。

メロディアスでキャッチーな要素もあって工夫がされている。

積極的かつ挑戦的で媚びること無く我が道を突き進む姿勢が窺えられました。

この楽曲はサウンド的にも内容的にも、かなり攻めていると思います。

そして、「これが本当にアイドルか!?」と今更ながらPassCodeに衝撃を受けました。 

【収録アルバム:ZENITH】 

 

 

13位 bite the bullet

従来のPassCodeのサウンドに重量感のあるヘヴィネスが加わり強力にパワーアップ、

うねり続ける重低音とシャウトやグロウル(低音ボイス)が聴く者を震撼させ熱くさせる。

ヘヴィメタルな伴奏にラップを展開させる場面はニュー・メタルを彷彿させます。

そして、間髪入れず疾走感に溢れたメロディアスなポップサウンドに切り替わったり、激しいEDMへと切り替わったりする。

曲調が切り替わり続ける内容のため、やり過ぎ感は否めないが逆にそこが素晴らしい。

曲の終盤、鳥肌が立つほどの清々しい爽やかなサウンドを展開させ癒しをもたらす。

このサウンドが極めてエモーショナル(感情的・情緒的)です。

感極まる!!!

最後の最後まで魅了されてしまいました。 

【収録アルバム:ZENITH】 

 

 

14位 Taking you out

暴風のような激しいラウドロックナンバーです。

恐ろしくアグレッシブで戦慄が走る。

初っ端からブチ切れてます!!!

猛烈に攻めてます!!!

狂気狂乱!!!

荒ぶるサウンドをスピーディーかつ攻撃的に畳み掛けてくる爆音ジェットコースター。

今田夢菜が主役の楽曲だと思えてしまう程の凄まじいシャウト・スクリームを連発させます。

また、今田夢菜と高嶋楓によるシャウトの掛け合いが展開され『Club Kids never die』を彷彿させる。

これがまたアグレッシブで燃える。

しっかりとしたメロディも聴かせてくれるので終始テンションが上がりっぱなしです。

あまりのハードコアっぷりに女性アイドルという事を忘れてしまいました。 

【収録シングル:Tonight / Taking you out】

 

 

15位 TRACE

様々な音楽的要素が詰め込まれたラウドロックナンバー。

曲の冒頭からシャウト・スクリームを繰り返す激しいメタルコアを展開。

爆音の嵐でテンションがいきなり最高潮になる!!!

テンポが速くヴォーカルも伴奏も攻撃的です。

メタルコアからポップ、そしてバラード調になったりと様々なサウンドが展開される。

これまた目まぐるしい曲構成。

また、音の熱量が凄いです。

かなり攻めています!!!

混沌としており一言でマニアックな楽曲です。

しかし、この混沌とした曲構成に慣れると良い意味でクセになります♪ 

メタルコアとは?
音楽ジャンルの一つ。
ハードコア・パンクとヘヴィメタルの性質が混交した激しい伴奏にシャウト(絶叫)、スクリーム(悲鳴)、グロウル(音割れした低音)、ガテラル(グロウルより更に低音)を数多く繰り返すスタイルのヴォーカルが絡む音楽を指します。

 

【収録アルバム:ZENITH】  

 

 

16位 rise in revolt

デジタル感溢れるヘヴィでアグレッシブなラウドロックナンバー。

スクリーム、ポップ、ラップ等、様々なヴォーカルスタイルを披露。

なんだか忙しい!!!

次から次へと攻撃的なサウンドが襲いかかってくる。

まるで波状攻撃。

しかもメロディアスでエモい。

そして、カッコイイ!!!

色々詰め込み過ぎて難解に感じるかもしれません。

しかし、慣れれば面白くて楽しいです。

気が付いたら夢中になっていました。 

【収録アルバム:ZENITH】 

 

 

17位 Nextage

可愛らしさのある荒々しいラウドロックナンバー。 

女性アイドルとロックが絶妙に融合しています。

ラウドな重低音を流しつつアイドルらしい軽快なポップサウンドも流れる。 

ここでもプログレッシブロックのように様々な変化をつけた先の読めない曲構成を展開させる。 

間奏部分ではストレートで荒々しいラウドロックを畳み掛けるように展開させる。

テンションが上がり休ませてくれない!!!

『アイドルの音』と『ロックの音』が聴けるという絶妙なバランスが素晴らしいです。

マニアックかもしれませんが、このスタイルをこのまま続けられる事を願っています。 

【収録アルバム:VIRTUAL】

 

 

18位 Seek out the truth

ポップで軽快なラウドロックナンバー。

イントロのメロディが非常に特徴的で素晴らしい。

このイントロのメロディが耳に残る。

そして、どこか懐かしい感じを受けました。

いつまでも聴いていたいメロディです。

疾走感のあるサビメロでもどこか懐かしい感じを受けました。

後を引く不思議な印象のある楽曲です。

PassCodeの隠れた名曲だと思います。 

【収録シングル:Now I Know type-A】

 

19位 Scarlet night

イントロではシンセサイザーによるミステリアスなサウンドが流れる。

浮遊感があって心地いい。

ポップミュージックの要素が強く、ミドルテンポのためじっくり聴くことができる。

可愛らしい歌声の部分が印象的でクセになる。

これまでのPassCodeとは少し異なる新感覚なメロディを展開させる。

曲の後半、急に荒々しいラウドロックに切り替わり殺伐とした雰囲気に包まれる。

ヘヴィでテンポが速く、畳み掛けるようにスクリーム、グロウルを炸裂させる。

急激な変化を展開させるとは流石PassCodeだと思いました。 

【収録アルバム:ZENITH】

 

 

20位 Seize the day!!

正統派女性アイドルソング。

荒々しさが無く、クリーンで可愛らしいサウンド構成になっております。

爽やかなメロディが心地いい。

ホッとします、安心します、癒されます。

だが、ライブでは熱く盛り上がります。

エンディングを思わせるようなサウンドになっているため、PassCodeのライブでは最後に披露される事が多い。

PassCodeを支えてきた名曲です。

ライブに行きたくなりました!!!  

【収録アルバム:ALL is VANITY】

 

 

 以上、ランキングでした。  

 

 

TOP20の曲が収録された作品

 

ALL IS VANITY

(インディーズ1stアルバム)

 1位 Toxic

2位 Club Kids never die

7位 激動プログレッシブ

9位 Kissの花束

20位 Seize the day!! 

  

VIRTUAL

(インディーズ2ndアルバム)

3位 Never Sleep Again

8位 AXIS

17位 Nextage  

  

ZENITH

(メジャー1stアルバム)

6位 MISS UNLIMITED 

10位 Voice

11位 ONE STEP BEYOND

12位 Same to you

13位 bite the bullet

15位 TRACE

16位 rise in revolt

19位 Scarlet night

      

Now I Know type-A

(インディーズ2ndシングル)  

18位 Seek out the truth 

 

 Ray

(メジャー3rdシングル)

5位 Ray 

    

Tonight / Taking you out

(メジャー4thシングル)

4位 Tonight  

14位 Taking you out 

  

 

ま と め

  1位 Toxic
  2位 Club Kids never die
  3位 Never Sleep Again
  4位 Tonight
  5位 Ray
  6位 MISS UNLIMITED
  7位 激動プログレッシブ
  8位 AXIS
  9位 Kissの花束
10位 Voice
11位 ONE STEP BEYOND
12位 Same to you
13位 bite the bullet
14位 Taking you out
15位 TRACE
16位 rise in revolt
17位 Nextage
18位 Seek out the truth
19位 Scarlet night
20位 Seize the day!!

ランキング形式で自分なりに素直に選曲をさせていただきました。

PassCodeの楽曲内容はシンプルなものもあれば複雑なものもあって面白いです。

先進的かつ実験的で楽しい。

新譜やニューアルバムが発売される度にワクワクしております。

PassCodeの魅力は楽曲にもありますが、ライブも非常に魅力的です。

ライブでも勢いがあってパワーがある!!!

パワフルでありながら女性ならではの繊細な側面もあります。

男性ロックアーティストよりも面白くて凄いんじゃないか、と思ったこともありました。

是非、PassCodeの音楽を聴いてみてください。

 

以上、PassCodeの楽曲をランキング形式で選曲をさせていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事 

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界