おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU
スポンサーリンク

VIRGIN KILLER(SCORPIONS)

 

狂熱の蠍団~ヴァージン・キラー

今回は、SCORPIONSのVIRGIN KILLERの感想を記載します。

Scorpions(スコーピオンズ)は、ドイツ出身のロックバンド。

ジャーマンメタルの代表的なバンドである。

1965年にルドルフ・シェンカーによってバンドが結成された。

1972年にてデビュー・アルバム『恐怖の蠍団 - Lonesome Crow - 』を発売。

活動期間:1965年~現在活動中(2019年)

ジャンル:ジャーマンメタル
     ハードロック
     ヘヴィメタル

 

ジャーマンメタルとは?

ヘヴィメタルのジャンルの一つ。

ドイツ出身のヘヴィメタル・バンド群の総称でもある。

ハロウィン、スコーピオンズ、アクセプト、ガンマ・レイなどが挙げられる。

 

VIRGIN KILLER(ヴァージン・キラー)【邦題:狂熱の蠍団】は、1976年にリリースされたスコーピオンズの4作目のスタジオ・アルバム。

荒々しいサウンドと哀愁の旋律が融合されたハードロックを前面に出した作品。

初期のスコーピオンズの集大成とも言える作品であり、バンドの代表作の一つとなった。

オリジナルのアルバムジャケットは、少女の裸体が問題視されて現行盤のアルバムジャケットに差し替え発売された。

【収録メンバー】

ヴォーカル:クラウス・マイネ

ギター:ウリ・ジョン・ロート(ウルリッヒ・ロート)

ギター:ルドルフ・シェンカー

ベース:フランシス・ブッフホルツ

ドラムス:ルディ・レナーズ

 

曲順

1. Pictured Life

2. Catch Your Train

3. In Your Park

4. Backstage Queen

5. Virgin Killer

6. Hell Cat

7. Crying Days

8. Polar Nights

9. Yellow Raven

 

作品について

初期のスコーピオンズの集大成とも言える作品であり、ハードロックの名盤。

当作品の音楽的特徴は荒々しいサウンドと哀愁の旋律が融合されたハードロックを前面に展開させます。

高い技術力と安定感のようなものがあり、初期スコーピオンズの『音』がしっかりと構築されています。

変幻自在かつ縦横無尽のギターワークとスコーピオンズ特有の哀愁感と情熱のある歌声が満載です。 

『Pictured Life』、『Virgin Killer』など佳曲が幾つも収録されているのも特徴的であり魅力的で、狂熱の蠍団サウンドをじっくり味わい楽しむことが出来ました。

  

3. In Your Park

ゆったりしっとりとした大人味のロックナンバー。

物悲しさと哀愁感に溢れています。

泣きのギターが渋過ぎる。

孤高のロックサウンドに私は静かに佇む。

 

4. Backstage Queen

ポップで軽快なロックナンバー。

ノリノリで明るく聴きやすい。

 

6. Hell Cat

ヴォーカルはギターリストのウリ・ジョン・ロート(ウルリッヒ・ロート)。

ヒップホップにもファンクにも聴こえてくる摩訶不思議で面白い曲調の楽曲です。

当作品の中で一際異彩を放ち、サウンドが頭から離れられない!!!

ウリの奇抜かつ別次元の音楽的センスに意表を突かれました。

ウリ仙人、ここにあり。

 

7. Crying Days

ヘヴィでありバラード的なロックナンバー。

ギターが感情的に叫んでます、泣いてます。

このギターサウンドと切ないヴォーカルラインが絡み合って儚い世界観を構築させています。

儚くて美しい。

そして、情熱的だ。

 

8. Polar Nights

ヴォーカルはギターリストのウリ・ジョン・ロート(ウルリッヒ・ロート)。

ウリの個性的な歌声が後を引く荒々しいハードロックナンバー。

ギターソロを含めヘヴィで粗雑で野性的なサウンドがカッコイイ!!!

ここでもウリの奇抜かつ別次元の音楽的センスを楽しめました。

 

9. Yellow Raven 

儚くて物悲しいスローナンバー。

クラウスの静かで美しい歌声が素晴らしい。

静寂の哀愁漂う雰囲気に包まれる。

夕焼けの海辺を眺めているような情景が浮かんできました。

そして、哀愁感に包まれながらアルバムの幕が閉じていきます。 

 

おんすきの選曲

・Pictured Life

・Catch Your Train

・Virgin Killer

 

選曲の感想

・Pictured Life

冒頭から哀愁感のあるハードなギターサウンドが炸裂!!!

一瞬で心を鷲掴みにされました。

じっくり聴き込むタイプのミドルテンポのハードロックナンバーです。

パワフルな要素もあって、体中が徐々に熱くなってくる感覚がありました。

キャッチーでありインパクトもあるため気が付いたら何度も聴き返していました。 

Pictured Life

Pictured Life

  • スコーピオンズ
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・Catch Your Train

軽快かつ激熱なアップテンポのハードロックナンバー。

超攻撃的でワイルドなヴォーカルと縦横無尽に弾きまくるギターが非常に印象的です。

曲の終盤、ヴォーカルとギターが互いに戦い合っている(バトルしている)ような感じがして聴いている方まで興奮して熱くなってくる。

疾走感もあって興奮度が更に上がっていく。

燃えます、激しくロックンロールしてます、カッコイイです!!! 

Catch Your Train

Catch Your Train

  • スコーピオンズ
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

  

 

・Virgin Killer

ギターのヘヴィなリフが非常に印象的なアップテンポのハードロックナンバー。

ラウドにうねり続けるパンチの効いたギターバッキングに目が覚める。

ヴォーカルもギターも激しく吠えており、熱気をどんどん加熱させていく。 

最初から最後までダークで狂気な雰囲気が構築されて戦慄が走る。

だが、この戦慄感が素晴らしくて良い意味でクセになりました!!! 

Virgin Killer

Virgin Killer

  • スコーピオンズ
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

  

 

狂熱の蠍団~ヴァージン・キラー

狂熱の蠍団~ヴァージン・キラー

 

 

以上、SCORPIONSのVIRGIN KILLERの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事 

www.ongakugasuki.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界