おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU
スポンサーリンク

THUNDER IN THE EAST(LOUDNESS)

 

THUNDER IN THE EAST

今回は、LOUDNESSのTHUNDER IN THE EASTの感想を記載します。

LOUDNESS(ラウドネス)は、元レイジーの高崎晃と樋口宗孝が中心になって結成された日本のヘヴィメタルバンド。

1981年、LOUDNESS結成。

同年11月において1作目のスタジオアルバム『THE BIRTHDAY EVE 〜誕生前夜〜』にてデビュー。

1985年、5作目のスタジオアルバム『THUNDER IN THE EAST』がリリースされアメリカのビルボード総合チャートで最高74位を記録、24週に渡って200位圏内にランクインされた。

同年8月〜9月にかけてモトリー・クルーのサポートとして全米ツアーに参加、アジア人アーティストとして初めてマディソン・スクエア・ガーデンのステージに立った。

 

現在(2019年)のバンドメンバー

第6期(2009年~)

ヴォーカル:二井原実

ギター:高崎晃

ベース:山下昌

ドラムス:鈴木政行

 

THUNDER IN THE EAST(サンダー・イン・ジ・イースト)は、1985年1月21日にリリースされたLOUDNESSの5枚目のスタジオアルバム。

全曲英詞であり、本格的にアメリカ進出を果たした作品となった。

アメリカのビルボード総合チャートで最高74位を記録。

日本において第27回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。

【収録メンバー】

(第1期)

ヴォーカル:二井原実

ギター:高崎晃

ベース:山下昌

ドラムス:樋口宗孝

 

【音楽プロデューサー】

マックス・ノーマン

 

曲順

1. CRAZY NIGHTS

2. LIKE HELL

3. HEAVY CHAINS

4. GET AWAY

5. WE COULD BE TOGETHER

6. RUN FOR YOUR LIFE

7. CLOCKWORK TOY

8. NO WAY OUT

9. The Lines Are Down

10. NEVER CHANGE YOUR MIND

 

作品について

アメリカンナイズされようがラウドネスはラウドネス!!!

ラウドネスの音楽的特徴は、その時のメンバー構成や時期などによって様々ではありますが、共通しているのは王道的なハードロック/ヘヴィメタルを基調にインパクトのあるギターのリフを前面的に展開させます。 

当作品の音楽的特徴は、音楽プロデューサーのマックス・ノーマンを起用しアメリカン要素の強いハードロック/ヘヴィメタルを展開させます。

リリース当時、アメリカンナイズが強くて各方面から賛否両論になったそうですが、ラウドネス特有の『音』や『意地』はしっかり残存しております。

『CRAZY NIGHTS』や『LIKE HELL』など名曲が幾つもあって、楽しく聴くことが出来ました。 

リフとは?

リフとは同じ短めのメロディを幾度も繰り返す演奏法。

そのメロディが曲の特徴となり、第三者にも覚えやすい効果を得ることが出来ます

  

3. HEAVY CHAINS

冒頭、ゆったりとしたギターアルペジオが展開され物悲しい雰囲気に包まれる。

やがて目が覚めるような力強いヘヴィメタルが展開され雰囲気が一変する。

変化に富んだ曲構成でジワジワと熱くなっていく感じの楽曲です。

そして、激熱な速弾きギターソロが炸裂し高揚感が最高潮に達する!!!

じっくり聴いて楽しみましょう。 

アルペジオとは?
コード(高さの異なる複数の音が同時に鳴らされる音)をばらして一音ずつ弾いていく演奏法。
リズム感のある音や深みのある音が特徴的です。

 

5. WE COULD BE TOGETHER

アメリカンなヘヴィメタルナンバー。

キレ味の鋭いリフにワイルド感のあるヴォーカルメロディ。

初めて聴いた時は「え!?これがラウドネス?」と少しばかり驚いてしまいました。

同時に新鮮な気持ちにもなりました。 

 

6. RUN FOR YOUR LIFE

哀愁感のあるスローテンポのヘヴィメタルナンバー。

控えめにうねり続けるヘヴィなリフが印象的。

全体的にアダルティな感じです。

落ち着きがあって洗練されている。

しっとりしました。

 

7. CLOCKWORK TOY

アップテンポのヘヴィメタルナンバー。

荒々しく攻撃的でカッコイイ!!!

メロディアスなヴォーカルラインからギターソロへと絶妙なタイミングで切り替わっていく曲構成が素晴らしい!!!圧倒されました。

前曲『RUN FOR YOUR LIFE』でしっとりしていた分、一段と激しさと疾走感を感じる。

曲順構成も上手いなぁと思いました。

 

8. NO WAY OUT

荒ぶるギターサウンドをひたすら鳴り響かせる。

どことなく雰囲気が他の楽曲とは異なる。

不思議な印象を受けました。

ギタープレイが全面的に出ており、ギターリスト高崎晃のギタープレイを純粋に楽しめました。

 

9. The Lines Are Down

アップテンポのヘヴィメタルナンバー。

ヘヴィでスピーディーなバッキングがカッコイイ。

硬派でハードボイルド!!!

 

10. NEVER CHANGE YOUR MIND

最後を飾るに相応しい、しっとりとしたバラードナンバー。

ホッとする感じのサウンドが心地いい。

静かな曲調だがパワフルな盛り上がりを展開させる部分もあるため、だれること無く最後まで聴くことが出来ました。

そして、当作品『THUNDER IN THE EAST』リリース後、モトリー・クルーのサポートとして全米ツアーに参加し、アジア人アーティストとして初めてマディソン・スクエア・ガーデンのステージに立ったのである!!!

 

おんすきの選曲

・CRAZY NIGHTS

・LIKE HELL

・GET AWAY

 

選曲の感想

・CRAZY NIGHTS

LOUDNESSの代表曲であり、ジャパニーズ・メタルを代表する名曲の一つ。

ギターのリフ、メロディ共に強烈なインパクトを放ち、別格感がある。

ザク!!ザク!!とリズミカルに刻まれていくメタルサウンドが心地いい。

30年以上前の楽曲でありながら今もなおヘヴィかつパワフルに輝いています。

M.Z.A!!!M.Z.A!!!M.Z.A!!!M.Z.A!!! 

CRAZY NIGHTS

CRAZY NIGHTS

  • ラウドネス
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・LIKE HELL

ミドルテンポの正統派ヘヴィメタルナンバー。

メロディアスでときめくようなギターのリフが素晴らしい。

このギターのリフには疾走感と哀愁感と中毒性もあって非常にカッコイイ!!!

他のラウドネスの楽曲である『Crazy Nights』、『Crazy Doctor』、『In The Mirror』に引けを取らない存在感を放つ楽曲です。

そして、ギターソロにおける両手タッピング奏法にノックアウトされました。

両手タッピング奏法とは?
ギター、ベースにおける演奏技法の一つ。
両手の指で指板上の弦を叩き付けて音を鳴らしたり、弦をはじくようにして音を鳴らす演奏技法。
ボスハンド奏法と呼ぶこともあります。  
LIKE HELL

LIKE HELL

  • ラウドネス
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

  

・GET AWAY

激走するストレートなヘヴィメタルナンバー。 

速くて荒々しい疾走感が素晴らしく、突進力もあって興奮する!!!

高速ギターソロが畳み掛けるように展開されて興奮が更に加速していく。 

最初から最後までヘヴィでエネルギッシュ、凄まじい勢いを感じさせてくれる。

燃えます!!!暴れられます!!!スッキリしました!!! 

GET AWAY

GET AWAY

  • ラウドネス
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

THUNDER IN THE EAST

THUNDER IN THE EAST

 

 

以上、LOUDNESSのTHUNDER IN THE EASTの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事 

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

  

www.ongakugasuki.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界