おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU


女性アイドルグループのPassCodeとBiSHが凄い

公開日:2017/05/15 最終更新日:2019/11/01 

f:id:yt0719yt:20170515152210j:plain

最近、女性アイドルグループのPassCodeとBiSHのクオリティが凄い事になっている。

魅力的な楽曲を兼ね備えパフォーマンスレベルが高く勢いもある。

そして、聴く者を夢中にさせてしまう『可能性』を放っています!!!

 

そこで今回は女性アイドルグループのPassCodeとBiSHについて記載します。

【目次】

 

PassCode 

f:id:yt0719yt:20181007191840p:plain

女性アイドルグループでありながら迫力のある爆音を轟かせ聴く者を驚愕させます。

音楽的特徴はラウドロック、デジタルロック、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)、スクリーモなど様々なジャンルのサウンドを伴奏にして歌いダンスを披露するスタイルを持ちます。

叫び(シャウト)や絶叫(スクリーム)を展開させてその場を熱くさせる非常に攻撃的な音楽です。

プログレッシブロックのように様々な変化をつけた先の読めない曲構成を展開していく事もまたPassCodeの特徴です。

マニアックな楽曲内容と同時に不思議な中毒性が含まれています。

EDMとは?

音楽ジャンルの一つ。

Electronic Dance Music (エレクトロニック・ダンス・ミュージック)。

省略してEDM。

シンセサイザー、シーケンサーなどを使用して人々を踊らせるという目的のもとで作られたダンスミュージック。

 

スクリーモとは?

音楽ジャンルの一つ。
叫び (シャウト) や絶叫 (スクリーム) を数多く繰り返すスタイルのヴォーカルが絡む音楽を指します。

アイドルのライブでありながら、モッシュ、リフト、クラウドサーフの嵐。

会場においては、もはやアイドルのコンサートとは思えない殺伐とした雰囲気です。

その要因はやはりアグレッシブなダンスに煽り、そしてシャウトやスクリームを交えた非常に激しいサウンドを展開するため我慢できなくて仕方がなかったと思われます。

よってラウド系の音楽が好きな方にはすんなりと聴き慣れると思います。

PassCodeのファンのことを『ハッカー』と呼ぶ。

 

おすすめのPassCodeの楽曲

 

Toxic

PassCodeの代表曲。

ワクワク感と疾走感が素晴らしいデジタルロックナンバー。

曲の冒頭からハイテンション!!!

胸が高鳴ります。 

全体的に明るくスピーディーなサウンド構成ではあるが、どこか切ない。

曲の中頃では『ため』の手法を用いて曲調が一旦落ち着いた感じになる。

曲の後半、『ため』が解放されると再びスピーディーな曲調になり爆発的に盛り上がる。

(ライブでは『ため』の解放と同時にオーディエンスのイエッタイガーが入る)

この『ため』の手法を用いた曲構成が素晴らしく、神懸っている。

最後はドラマティックな歌詞とメロディで爽やかに幕を閉じます。

初めて聴いた時の鮮烈的な衝撃は今でも忘れません。

名曲です!!!

『ため』とは?

間をあけたり音を徐々に大きくさせる事により緊張を蓄積させてサビなど主要な音を瞬時に出す事によって緊張を一気に解放させ急激な気分の上昇を起こさせる音楽演出を意味します。

  

イエッタイガーとは?

女性アイドルのコンサートにおけるファンによる合いの手(掛け声)。

楽曲に対し『イエッタイガー』と声を入れる事によって一層盛り上がる。

サビに突入する直前の段階で多く見られます。

 

【収録アルバム:ALL is VANITY】

 

Club Kids never die

PassCodeの代表曲。

ハードなデジタルサウンドを伴奏にポップでキュートなヴォーカルラインが披露される。

だが、途中から激しいシャウトが炸裂し、一変してハードコアへと激化する。

今田夢菜と高嶋楓の激しいシャウトの掛け合いも展開され興奮が止まらなくなる。

追い打ちをかけるようにスクリーモの如く非常にアグレッシブなシャウト・スクリームを繰り返す。

その結果、その場が混沌(カオス)として更に荒れ狂う。

破壊力のあるサウンドです。

闘争心を煽られました。

初めて聴いた時は理性が飛んで圧倒されてしまいました。

凄まじいグルーヴである。 

【収録アルバム:ALL is VANITY】

 

Never Sleep Again

EDMによるデジタル感と浮遊感に包まれる。

プログレッシブロックのように展開が次から次へと変わり続ける。

曲の展開が目まぐるしく速く流れるのでジェットコースターのような感じです。

次から次へと忙しい曲構成だが、バランスが良くて嫌味にならない。

そして、今田夢菜の意表をつく必殺のシャウト・スクリームが炸裂!!!

サウンドが更に激化し燃え上がる。

ライブではオーディエンスが今田夢菜のシャウト・スクリームに負けじと発狂の如く激しくサーフ、モッシュを巻き起こす。

興奮が絶頂に達し、もはや収拾がつかなくなる。

そして、パーリーピーポー!!!

見事な完成度を誇るPassCodeの傑作の一つです。 

【収録アルバム:VIRTUAL】 

 

Ray

PassCodeは更に進化した!!と思わせてくれた楽曲です。

疾走感のあるメロディアスなラウドロックナンバー。

キャッチーでエモーショナル(感情的・情緒的)なサビメロが素晴らしい。

ライブにおいては、このサビメロが要因となりサーフ、モッシュ、リフトの激しさは減速することなく加速していきます。

切なくて熱いメロディです!!!

バランスが良くて洗練されており、PassCode特有のマニアック感は薄れたかもしれませんが、それでもPassCodeサウンドは残存しており充分に楽しめました。

ギターのメロディアスなリフも印象的で素晴らしく、この楽曲をしっかり支えています。

全体的にキャッチーで聴きやすい楽曲なのでPassCodeを初めて聴く方にもオススメです。

リフとは?

リフとは同じ短めのメロディを幾度も繰り返す演奏法。

そのメロディが曲の特徴となり、第三者にも覚えやすい効果を得ることが出来ます

   

【収録アルバム:CLARITY】

 

MISS UNLIMITED

PassCodeの代表曲。 

PassCode節炸裂!!!

ピコピコ ♪ ピューン ♪ ファミコンのような音を鳴らすイントロにより気持ちが高まる。

突然のシャウトをきっかけに曲が本格的に開始されて更に気持ちが高まります!!!

ラウドな伴奏に流れるようなスピーディーなメロディを展開、すかさず豪快なシャウト・スクリームを入れては聴く者を圧倒させます。

基本的に激しいラウドロックではあるが曲の終盤では曲調が変化し、しっとりとしたヴォーカルラインが展開され、癒されてしまいました ♪

この楽曲はライブにおいても上位に入る人気曲です。 

オーディエンスはジャンプしながらイントロのピコピコ音に合わせて声を張り上げる。

終盤においてもオーディエンスは伴奏に合わせて声を張り上げる。 

とにかく楽しくて盛り上がりました。  

【収録アルバム:ZENITH】

 

BiSH 

f:id:yt0719yt:20181009191356p:plain

アイドルらしからぬパンキッシュな行動とサウンドを披露して聴く者を驚愕させます。

音楽的特徴はパンクロックを伴奏に歌いダンスを披露するスタイルを持ちます。

どこか懐かしさのある青春パンク風の楽曲やヘヴィでアグレッシブな楽曲があります。

アイドルではあるが歌唱力が高く、アーティストとして聴くことも出来ます。

キャッチーなものからハードなものまで多種多様で特徴的な楽曲をいくつも持っているためライブでは常に大盛り上がりでいつまでも聴いていられます。

BiSHは、「Brand-new idol SHiT」(新生クソアイドル)の略。

自分たちの事をクソアイドルと呼び、ライブでは同じ曲を何度も歌う事があった。

アイドルでありながら客席へ豪快にジャンピングダイブをする。

時折下ネタを交えたトークをするなどバラエティに富んだ魅力があります。

そして、パンクバンド並みの激しいパフォーマンスを披露するので会場は熱気に包まれます。

アイドルだからといって侮れません。

※BiSHファンのことを『清掃員』と呼ぶ。

 

おすすめのBiSHの楽曲

 

BiSH-星が瞬く夜に

BiSHの代表曲。

イントロからテンションが上がります!!!

どこか懐かしい印象を受ける青春パンク風の楽曲。

親しみやすいキャッチーなメロディに程好い疾走感が素晴らしいです。

すぐに聴き慣れると思います。

単純明快な曲構成のため、つい何度も繰り返し聴いてしまう。

高い完成度と安定感を持ちBiSHを初期の頃から支えてきた名曲です。

【収録アルバム:Brand-new idol SHiT】 

 

サラバかな

バラード寄りのパンクロックナンバー。

『BiSH-星が瞬く夜に-』と同様にBiSHを初期の頃から支えてきた名曲。

バラード寄りの曲調ではあるが、テンポは速めで攻め続ける押しの強いサウンド構成になっております。

サビの切ないメロディが素晴らしい。

胸が熱くなります!!!

後半にかけてはスローテンポで更に切ないヴォーカルを聴かせてくれます。

全体的に切ないサウンド構成だが攻め続ける姿勢から気持ちが高ぶります。

【収録アルバム:Brand-new idol SHiT】

  

OTNK

BiSHの代表曲。

イエッタイガー!!なラウドロックナンバー。

スローテンポとアップテンポを繰り返す変則的な曲構成です。

それによりメリハリが生まれ、よりハードでキャッチーなサウンドになっています。

そして、何とも言えない歌詞が含まれているのもまた特徴的です。

ライブにおいてはイントロからオーディエンスの興奮が絶頂!!! 

会場が殺気に包まれ清掃員達の合いの手(掛け声)の声量が大きくて凄かったです。

サビではイエッタイガー!!を合図に極めて激しいモッシュが繰り返される。

まるで暴動。

会場がぶっ壊れる勢いでした!!!

【収録アルバム:FAKE METAL JACKET】 

 

GiANT KiLLERS

元気に楽しく暴れ狂えるパンクロックナンバー。

最初から最後まで全力疾走のハイテンポストレートチューン。

この凄まじいアグレッシブな爆音はライブで本領を発揮させてはライブ会場をレッドゾーンへと変貌させる。

(ライブではサークルモッシュが発生する)

今ではBiSHの不動の代表曲『BiSH-星が瞬く夜に-』と肩を並べられるまでに成長したと思える。

これは狂気狂乱へと誘う名曲である!!!

【収録アルバム:THE GUERRiLLA BiSH】

  

プロミスザスター

BiSHの代表曲。

悲壮感が前面に表れているロックバラードナンバー。

『オーケストラ』で手に入れたスケールの大きいグルーヴに一段と磨きがかかっています。

切なくて物悲しいメロディではあるが、前向きで力強い想いが伝わってきます。

感動的で非常に洗練されており、終始じっくりと聴かせてくれます。

歌唱力や楽曲構成などを考慮するとアイドルとは思えない完成度に仕上がっています。

まさかここまで進化するとは、、、驚いた。

今後もまた楽しみです。

【収録アルバム:THE GUERRiLLA BiSH】 

 

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

 

まとめ

今回はPassCodeとBiSHだけですが、まだまだ魅力のある注目の女性アイドルグループは沢山います。

現状は女性アイドルグループが面白いです。

正統派アイドルからラウド系アイドルと様々な形態があり、それぞれが独創的です。

勢いがあります!!!

パワーがあります!!!!!

女性アイドルグループを聴いた影響なのかもしれませんが、最近では日本の音楽の本質や理想の形など色々難しい事を考えてしまいました。

将来の『日本の音楽』における重要な答えがそこにあるのかもしれないと。

 

是非、女性アイドルの世界を聴いてみてください。

 

以上、女性アイドルグループのPassCodeとBiSHについて記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事 

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界