おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

浜田麻里をもっと早く聴いておけばよかった

 

【目次】

 

浜田麻里とは

浜田 麻里は、日本の女性シンガーソングライター。

音楽ジャンルはJ-POP、HR/HM(ハードロック、ヘヴィメタル)。

豊かな声量と伸びのあるハイトーンを兼ね備え、抜群の歌唱力を持つ。

ハードな楽曲では荒々しさと感情的なハイトーンシャウトを披露し聴く者をKO。

バラードの楽曲では哀愁を漂わせる美しい歌声と優しく包み込む繊細な雰囲気で聴く者を魅了。

1983年において糸井重里による『麻里ちゃんは、ヘビーメタル。』

というキャッチコピーと共にアルバム『Lunatic Doll〜暗殺警告』でメジャーデビュー。

1980年代当時のハードロックのジャンルとしては異例とも言える作品売り上げを記録。

1980年代後期、ポップ路線へ移行も抜群の歌唱力をキープしジャンルの幅を広げる。

結果的にはJ-POPもHR/HMも歌いこなし、他の女性シンガーに対し実力の差をつけた。

Lunatic Doll~暗殺警告 (SHM-CD)

Lunatic Doll~暗殺警告 (SHM-CD)

 

 

 

浜田麻里を知る

本格的に聴き始めたのは最近です。

聴き始めたきっかけは、はてなブログの他の方の音楽関連の記事です。

それまではほとんど聴いてこなかったです。

うーん、なんだかすごく勿体無い気がしてきた、、、。

 

50代という年齢でこの声量とハイトーンは凄すぎます。

失礼な言い方ですが、怪物です!!!

日本において彼女の実力と肩を並べる歌手は男女問わず少ないかと思います。

音楽の才能に溢れた人だなぁーと、まだ知って間もない私にも分かりました。

動画のライブ映像におけるラウドネスのギターリスト高崎晃氏との演奏は圧巻です。

ライブ映像で見た限りでは高崎晃氏を圧倒していたような印象を受けました。

まさかここまで凄い人とは、、、。

もっと早く聴いておけばよかった!!!


浜田麻里 1/7発売DVD&BDダイジェスト版

 

 

おすすめの浜田麻里の楽曲

・Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。

浜田麻里の代表曲にしてJ-POPの名曲。

カネボウ化粧品'89 夏のキャンペーンソングに起用、オリコンシングルチャートで1位を獲得した。

キャッチーなメロディで明るく爽やかなサウンドが魅力です。


浜田麻里 「Return To Myself」

 

 

・Blue Revolution

初めて聴いた浜田麻里の楽曲です。

荒々しい伴奏だがメロディはポップでキャッチー。

ハードロックとポップが合体したようなサウンドです。

時代を感じさせる懐かしいサウンドではあるが、これが良いんです!!!

Blue Revolution

Blue Revolution

  • 浜田麻里
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・DON’T CHANGE YOUR MIND

ハイトーンが凄まじいヘヴィメタルナンバー。

ジャパメタの傑作にして貫禄のハイトーンに脱帽。

荒ぶるメタルクイーン、ここに降臨!!!

Don't Change Your Mind

Don't Change Your Mind

  • 浜田麻里
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・FANTASIA

疾走感溢れるヘヴィメタルナンバー。

ドラマティックでパワーも溢れています。

妖艶で美しい歌声に切ないメロディが素晴らしい。

直ぐに惚れました。


浜田麻里「Fantasia」

 

 

・Heart and Soul

1988年「ソウルオリンピック」(NHK)テーマソング。

軽快なリズムが楽しいポップナンバー。

甘酸っぱいメロディで胸が熱くなりました。

なぜか初恋を思い出した。

Heart and Soul

Heart and Soul

  • 浜田麻里
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・Paradox

メロディアスポップナンバー。

鮮やかで切ないサビのメロディが印象的で素晴らしいです。

透明感のある洗練された歌声。

心ゆくまで『メロディ』というものを楽しめました。

Paradox

Paradox

  • 浜田麻里
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・Nostalgia

メロディアスポップナンバー。

伴奏もメロディもミステリアスなサウンド。

このサウンドによって構築された不思議な世界観に私は吸い込まれていきました。

そして、浜田麻里はHR/HMだけじゃないと思いました。

Nostalgia

Nostalgia

  • 浜田麻里
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・Antique

哀愁のバラードナンバー。

HR/HMの時の浜田麻里とは違う、優しく透き通った歌声に感動しました。

これは時代を超えた名曲だと思います。

私自身、一番好きな楽曲です。

Antique

Antique

  • 浜田麻里
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

まとめ

私自身メタラーなのにどうして今まで聴いてこなかったんだろう???

もっと早く浜田麻里さんを知っていたらラウドパーク2015にもサマーソニック2014にも躊躇なく行っていたかもしれない。

聴いてこなかった原因はおそらく聴かず嫌い、、、猛省。

作品の数が多いため、とりあえずベストアルバムから聴き始めました。

今度はオリジナルアルバムも聴いてみようと思います。

 

それにしても浜田麻里の進化はどこまで続くんだろう。

 

以上、『浜田麻里をもっと早く聴いておけばよかった』について記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事

www.ongakugasuki.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界