おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

Screaming Symphony(IMPELLITTERI)

 

SCREAMING SYMPHONY

今回は、IMPELLITTERIのScreaming Symphonyの感想を記載します。

インペリテリ (Impellitteri) は、アメリカのヘヴィメタルバンド。
1987年にギタリストのクリス・インペリテリによって結成された。
技巧的なクリスのギタープレイとグラハムやロブによる力強いハイトーンボーカル、クイーンを彷彿とさせるようなコーラスハーモニーを中心とするネオクラシカルメタルで有名である。

ジャンル ヘヴィメタル
ネオクラシカルメタル
スピードメタル
ロック
パワーメタル

インペリテリ - Wikipedia

Screaming Symphony(スクリーミング・シンフォニー )は、1996年5月22日にリリースされたImpellitteriの4枚目のスタジオ・アルバム。

ネオクラシカルメタルとは?ネオクラシカルメタルとは、ヘヴィメタルのジャンルの一つ。
略してネオクラ。
サウンド的特徴はクラシックと同じコード進行を使用しバッハやモーツァルトなどのフレーズを導入したりとクラシックが強調されたヘヴィメタルになっています。
演奏方法としてギターやキーボードによる速弾きを展開する事が多いです。

 

曲順

1. Father Forgive Them

2. I'll Be With You

3. Walk Away

4. Kingdom Of Light

5. Countdown To The Revolution

6. 17th Century Chicken Pickin'

7. Rat Race

8. For Your Love

9. You Are The Fire

 

作品について

ヘヴィメタルという音楽ジャンルに更にもっと夢中にさせてくれた学生時代の思い入れのある恩人的な作品です。

インペリテリの音楽的特徴は華麗で芸術性あるサウンドを中心に超絶速弾きギターソロを展開するヘヴィメタルのスタイルを持ちます。

当作品の特徴としてはヘヴィメタルのジャンルの一つであるネオクラシカルメタルが強調されていると同時に、クリス・インペリテリの超絶速弾きギターソロが味わえます。

あまり大差のない似たような楽曲が幾つかあることも特徴ですが、不思議と嫌味にならず非常に聴きやすく馴染みやすいため聴き入ってしまいました。

これは計算されたものなのか?それとも偶然なのか?ある意味、凄い作品だと思いました。

 

1. Father Forgive Them 

スピーディーにザクザクとリズミカルに刻まれるギターから早速テンションが上がる。

期待でワクワクしながら疾走感のある華麗なメロディを展開させるサビへ突入する。

このサビのメロディが印象的で期待を裏切らない素晴らしさ。

そして、クリス・インペリテリの超絶速弾きギターソロが披露される。

おかげでアルバムの一発目から完全に惹き込まれてしまいました。

 

4. Kingdom Of Light

中世を彷彿させる洗練されたネオクラシカルメタルナンバー。

アップテンポでありながらヴォーカルのメロディがバラードのように切なくて美しい。

サビに突入すると更に美しさが増し、そのメロディに舌を巻く。

畳み掛けるようにクリス・インペリテリの超絶速弾きギターソロにより、また舌を巻く。

聴き終えた後、放心状態になりました。

 

5. Countdown To The Revolution

ミドルテンポの一息つくオアシスのような楽曲。

ここまで激しい楽曲が続いたので有り難いです。

だが、サウンドはヘヴィで重量感満載。

哀愁感のあるメロディも絶品。

上手い具合に飽きさせない工夫があると感じられました。

 

8. For Your Love

当作品の中で最もヘヴィなサウンドです。

ミドルテンポの中、ザク! ザク! と重量感のあるリフを次から次へと轟かせる。

同時に哀愁感のあるヴォーカルのメロディも展開される。

この組み合わせから生まれるグルーヴに惹かれ、更にもっとヘヴィメタルに夢中になっていきました。

 

9. You Are The Fire

特記すべきは曲の終盤に披露される激熱なシャウト。

『ファイアーーーーーアーーーー!!!』

まさにヘヴィメタル、鳥肌が立つほどカッコイイです。

しびれました。

そして、私は燃え尽きた。

 

おんすきの選曲

・Walk Away

・17th Century Chicken Pickin'

・Rat Race

 

選曲の感想

・Walk Away

初めて聴いた時は、1. Father Forgive Themと同じようなリフを展開するため聴く意欲が失せました。

だが、しっかり聴くと同じではなくて幾つも違いがありました。

コーラスを交えた爽快なメロディが特徴的で素晴らしい(特にサビ!!!)。

インペリテリの凄さを痛感。

最後まで聴かないと分からないという事を知った思い出深い楽曲です。

WALK AWAY

WALK AWAY

  • IMPELLITTERI
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・17th Century Chicken Pickin'

クリス・インペリテリのギターテクニックを存分に味わえるインストナンバー。

シンプルな曲構成の中、クラシカルなメロディを中心とした速弾きギターが最初から最後まで披露される。

とても人間が弾いているとは思えない凄まじい速さ、まるで光速です。

ギーボードとの絡みもあって飽きません。

インペリテリのサウンドと魅力がコンパクトに集約されたような楽曲です。

17TH CENTURY CHICKEN PICKIN'

17TH CENTURY CHICKEN PICKIN'

  • IMPELLITTERI
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・Rat Race

IMPELLITTERIの代表曲。

荒々しいリフからの光速ギターソロという連続攻撃、いきなりインペリテリのサウンドが全開オープンでイントロからテンションが最高潮!!!

サビではキャッチーで美しいメロディがコーラスと共に披露される。

インペリテリはサビメロ作りが本当に上手いと実感しました。

後半、クリス・インペリテリの超絶速弾きギターソロからのハイトーンコーラスによってKO!!!ギターソロも凄まじいが楽曲の完成度も凄まじいです。

RAT RACE

RAT RACE

  • IMPELLITTERI
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

スクリーミング・シンフォニー

スクリーミング・シンフォニー

 

 

以上、IMPELLITTERIのScreaming Symphonyの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界