おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

A Mirage In The Sun(MONOEYES)

 

A Mirage In The Sun

今回は、MONOEYESのA Mirage In The Sunの感想を記載します。

MONOEYES(モノアイズ)は、日本のロックバンド。

ELLEGARDEN、the HIATUSの細美武士が立ち上げたプロジェクト。

ジャンル オルタナティヴ・ロック
エモ

MONOEYES - Wikipedia

 A Mirage In The Sun(ア ミラージュ イン ザ サン)は、MONOEYESの1stアルバム。

 

曲順

1. Cold Reaction

2. Like We’ve Never Lost

3. Just A Little More Time

4. My Instant Song

5. Run Run

6. グラニート

7. End Of The Story

8. Do I Have To Bleed Again

9. Get Me Down

10. 明日公園で

11. Wish It Was Snowing Out

12. Remember Me

 

作品について

音楽に対する意欲的な姿勢を窺えられました。

ヒートアップから絶妙にクールダウンしていくサウンド構成は流石に素晴らしいです。

正直なところやはりエルレガーデンと比べてしまいましたが、結果的には安心して楽しく聴くことが出来ました。

長年の経験からくるものだと思われますが、演奏技術が向上されて音に説得力が含まれていると同時に『楽曲の深み』が増している印象を受けました。

よって、これらが要因で今回はかなり選曲が難しかったです。

 

1. Cold Reaction

様子見?

明るくも無く暗くも無い微妙なサウンドから何か駆け引きのようなものを感じました。

しかし、爽快感のあるサビに突入すると様子見という感覚が消え去りヒートアップ。

サビが終わりに差し掛かる場面でエルレの『Missing』を彷彿させる切なくて落ち着きのある心地の良いメロディが展開される。

ヒートアップから絶妙にクールダウンしていくサウンド構成が素晴らしく、流石だと思いました。

 

2. Like We’ve Never Lost

ストレートに突き進む疾走感にメロディアスなギターのリフが重なる。

この時点から既に体が動いてしまう。

これは冒頭から盛り上がる楽曲だ。

伸びのあるヴォーカルの甘い声と相性が良く、やはり熱くなってしまいました。

 

3. Just A Little More Time

徐々にダイナミックなサウンドへと展開していく構成が素晴らしい。

『音』が楽しく踊っているような情景が思い浮かびました。

うるさくて激しい音というわけでは無く、巨大な優しさという感じです。

それが力強く押し寄せてくるので圧倒されました。

 

7. End Of The Story

スローテンポのバラードと思ったらアップテンポのメロコアナンバーでした。

嬉しい不意打ち。

間髪入れず一瞬でアップテンポになるため発狂の如く盛り上がると思われます。

しかし、ヴォーカルの繊細でエモーショナル(感情的・情緒的)な側面はしっかりキープ。

それによってとても味わい深いメロコアサウンドを楽しめました。

 

10. 明日公園で

日本語の歌詞で展開される楽曲。

軽快でシンプルなロックナンバー。

明るくポジティブなサウンドにより聴いていて心が弾みます。

爽やかな雰囲気が心地いい。

単純にカッコいいため何度も聴いてしまいました。

 

11. Wish It Was Snowing Out 

スローテンポかつ繊細なサウンドが展開される。

曲の初めは非常に落ち着きのあるサウンドを展開するが、後半では全パートが大きく盛り上がり厚みのあるサウンドへと変わっていく。

音楽に対する意欲的な姿勢など様々な思いが詰め込まれている事が窺えられる。

印象深い楽曲でした。

 

12. Remember Me

透明感のある美しいバラードナンバー。

響き渡るメロディがすんなりと体の中へ入り込む。

エンドロールのような『終わり』を感じさせるサウンドです。

だが、『終わり』という感覚だけでは無く『期待』という感覚も覗かせている。

『期待』という余韻を残しつつ、静かに作品の幕を閉じます。

 

おんすきの選曲

・My Instant Song

・Run Run

・グラニート

 

選曲の感想

・My Instant Song

冒頭から清々しいストローク(コード弾き)を展開。

シンプルな演奏でありながら特徴的なサウンドのため、瞬く間に感動的なダイナミズムに包まれる。

繊細な要素を残しながら熱く盛り上がっていくサビが素晴らしい!!!

晴天の日にピッタリなサウンドです。

エルレガーデンから更に進化されている事を実感できた楽曲です。


MONOEYES - My Instant Song(Music Video)

 

 

・Run Run

力強さと切なさが前面に表れています。

ヒートアップから絶妙にクールダウンしていく構成により心までも熱くなってしまう。

後を引くクールダウンから再びヒートアップすると秘めたる感情が一遍に爆発する。

飽きさせないサウンド構成が素晴らしいです。

この感覚はエルレガーデンの頃からありましたが、『楽曲の深み』が向上されています。


MONOEYES - Run Run(Music Video)

 

 

・グラニート

日本語の歌詞で展開される美しい感動的な楽曲。

細美武士氏のセンスが凝縮された感じです。

サウンドは若干ハードだが、バラード寄りで落ち着きがあります。

曲の中盤、ヴォーカルの哀愁感のある甘い歌声で『ため』を演出してからのサビが凄い。

これにより懐かしさと同時に非常に大きな盛り上がりを聴かせてくれました。

グラニート

グラニート

  • MONOEYES
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

A Mirage In The Sun

A Mirage In The Sun

 

 

以上、MONOEYESのA Mirage In The Sunの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界