おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

女性アイドルグループのPassCodeとBiSHが凄い

 

f:id:yt0719yt:20170515152210j:plain

最近、女性アイドルグループのPassCodeとBiSHのクオリティが凄い事になっている。

魅力的な楽曲を兼ね備えパフォーマンスレベルが高く勢いもある。

そして、聴く者を夢中にさせてしまう『可能性』を放っています!!!

 

そこで今回は女性アイドルグループのPassCodeとBiSHについて記載します。

【目次】

 

PassCode

女性アイドルグループでありながら迫力のある爆音を轟かせ聴く者を驚愕させます。

音楽的特徴はラウドロック、デジタルロック、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)、スクリーモなど様々なジャンルのサウンドを伴奏にして歌いダンスを披露するスタイルを持ちます。

絶叫(シャウト)や悲鳴(スクリーム)を展開させてその場を熱くさせる非常に攻撃的な音楽です。

プログレッシブロックのように様々な変化をつけた先の読めない曲構成を展開していく事もまたPassCodeの特徴です。

マニアックな楽曲内容と同時に不思議な中毒性が含まれています。

EDMとは?

音楽ジャンルの一つ。

Electronic Dance Music (エレクトロニック・ダンス・ミュージック)。

省略してEDM。

シンセサイザー、シーケンサーなどを使用して人々を踊らせるという目的のもとで作られたダンスミュージック。

 

スクリーモとは?

音楽ジャンルの一つ。
絶叫 (シャウト) や悲鳴 (スクリーム) を数多く繰り返すスタイルのヴォーカルが絡む音楽を指します。

アイドルのライブでありながら、モッシュ、リフト、クラウドサーフの嵐。

会場においては、もはやアイドルのコンサートとは思えない殺伐とした雰囲気です。

その要因はやはりアグレッシブなダンスに煽り、そしてやシャウトやスクリームを交えた非常に激しいサウンドを展開するため我慢できなくて仕方がなかったと思われます。

よってラウド系の音楽が好きな方にはすんなりと聴き慣れると思います。

(PassCodeのファンのことをハッカーと呼ぶ)

PassCode(パスコード) - Wikipedia

 

おすすめのPassCodeの楽曲

・Club Kids never die

PassCodeの代表曲。

ハードなデジタルサウンドを伴奏にポップでキュートなヴォーカルラインが披露される。

だが、途中から激しいシャウトが炸裂し一変してハードコアへと激化する。

スクリーモの如く非常にアグレッシブなシャウトを繰り返すため、その場が混沌(カオス)として荒れ狂う。

最もハードな楽曲の一つです。 

 

・Never Sleep Again

EDMによるデジタル感と浮遊感、プログレのように展開が次から次へと変わり続ける。

曲の展開が目まぐるしく速く流れるのでジェットコースターのような感じです。

そして、ヴォーカルの意表をつく必殺のシャウト・スクリームが炸裂!!!

興奮が絶頂に達し、もはや収拾がつかなくなる。

見事な完成度を誇るPassCodeの傑作の一つです。

 

・MISS UNLIMITED

PassCode節炸裂!!!

ピコピコとファミコンのような音を鳴らすイントロにより気持ちが高まる。

そして激しいシャウトにより本格的に曲が開始されます。

ラウドな伴奏に流れるようなスピーディーなメロディを展開、すかさず豪快なシャウトを入れては聴く者を圧倒します。

基本的には激しいラウドロックではあるが曲の終盤、しっとりとしたヴォーカルラインに癒されてしまいます。

 

・bite the bullet

(2017年5月の時点の最新曲)

従来のPassCodeのサウンドに重量感のあるヘヴィネスが加わり強力にパワーアップ。

うねり続ける重低音とシャウトやグロウル(低音ボイス)が聴く者を震撼させ熱くさせる。

間髪入れず疾走感に溢れたメロディアスなポップサウンドに切り替わり、激しいEDMへと切り替わる。

今回もまたジェットコースターのような目まぐるしい楽曲構成を聴かせてくれます。

マニアックかつやり過ぎ感は否めないが、逆にそこが素晴らしいです。

最後は清々しい爽やかなサウンドを展開させ癒しをもたらしてくれます。

最後の最後まで魅了されてしまいました。

 

bite the bullet(初回限定盤)(DVD付)

bite the bullet(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: PassCode,Koji Hirachi,Takahiro Hokyo
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 
bite the bullet(通常盤)

bite the bullet(通常盤)

  • アーティスト: PassCode,Koji Hirachi,Takahiro Hokyo
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

BiSH

アイドルらしからぬパンキッシュな行動とサウンドを披露して聴く者を驚愕させます。

音楽的特徴はパンクロックを伴奏に歌いダンスを披露するスタイルを持ちます。

どこか懐かしさのある青春パンク風の楽曲やヘヴィでアグレッシブな楽曲があります。

アイドルではあるが歌唱力が高く、アーティストとして聴くことも出来ます。

キャッチーなものからハードなものまで多種多様で特徴的な楽曲をいくつも持っているためライブでは常に大盛り上がりでいつまでも聴いていられます。

BiSHは、「Brand-new idol SHiT」(新生クソアイドル)の略。

自分たちの事をクソアイドルと呼び、ライブでは同じ曲を何度も歌う事があった。

アイドルでありながら客席へ豪快にジャンピングダイブをする。

時折下ネタを交えたトークをするなどバラエティに富んだ魅力があります。

そして、パンクバンド並みの激しいパフォーマンスを披露するので会場は熱気に包まれます。

アイドルだからといって侮れません。

(ファンのことを「清掃員」(クソを掃除する者)と呼ぶ)

BiSH(ビッシュ) - Wikipedia

 

おすすめのBiSHの楽曲

・BiSH-星が瞬く夜に

BiSHの代表曲。

イントロからテンションが上がります。

どこか懐かしい感じを受ける青春パンク風の楽曲。

疾走感もあって親しみやすいメロディなので、すぐに聴き慣れると思います。

そして単純明快な曲構成のためつい何度も繰り返し聴いてしまう。

 

・サラバかな

バラード寄りのパンクロックナンバー。

バラード寄りの曲調ではあるが、テンポは速めで攻め続ける押しの強いサウンドになっています。

サビの切ないメロディが素晴らしい。

後半にかけてはスローテンポで更に切ないヴォーカルを聴かせてくれます。

切ないメロディだが攻め続ける姿勢から気持ちが高ぶります。

 

・OTNK

BiSHの代表曲。

イエッタイガー!!なラウドロックナンバー。

スローテンポとアップテンポを繰り返す変則的な曲構成です。

それによりメリハリが生まれ、よりハードでキャッチーなサウンドになっています。

そして、何とも言えない歌詞が含まれているのもまた特徴的です。

イエッタイガーとは?

女性アイドルのコンサートに多く見られるファンによる合いの手(掛け声)。

楽曲に対し『イエッタイガー』と声を入れる事によって一層盛り上がる。

サビに突入する直前の段階で多く見られます。

ただし、乱発は迷惑でありマナー違反になる可能性が高いので注意。

 

 

・プロミスザスター

(2017年5月の時点の最新曲)

悲壮感が前面に表れているバラードナンバー。

『オーケストラ』で手に入れたスケールの大きいグルーヴに一段と磨きがかかっています。

切なくて物悲しいメロディではあるが、前向きで力強い想いが伝わってきます。

感動的で非常に洗練されており、終始じっくりと聴かせてくれます。

歌唱力や楽曲構成などを考慮するとアイドルとは思えない完成度に仕上がっています。

まさかここまで進化するとは、、、驚いた。

今後もまた楽しみです。

 

プロミスザスター

プロミスザスター

 
プロミスザスター(DVD付)(-LIVE盤-)

プロミスザスター(DVD付)(-LIVE盤-)

 

 

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

まとめ

今回はPassCodeとBiSHだけですが、まだまだ魅力のある注目の女性アイドルグループは沢山います。

現状は女性アイドルグループが面白いです。

正統派アイドルからラウド系アイドルと様々な形態があり、それぞれが独創的です。

勢いがあります!!!

パワーがあります!!!!!

女性アイドルグループを聴いた影響なのかもしれませんが、最近では日本の音楽の本質や理想の形など色々難しい事を考えてしまいました。

将来の『日本の音楽』における重要な答えがそこにあるのかもしれないと。

 

是非、女性アイドルの世界を聴いてみてください。

 

以上、女性アイドルグループのPassCodeとBiSHについて記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界