おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

BEDSIDE DONORS(kamomekamome)

 

BEDSIDE DONORS

今回は、kamomekamomeのBEDSIDE DONORSの感想を記載します。

kamomekamome(カモメカモメ)は、千葉県柏市を拠点に活動する日本のハードコア・パンクバンド。

2002年に結成。

 

BEDSIDE DONORS(ベッドサイド ドナーズ)は2013年8月21日にリリースされたkamomekamomeの4枚目のアルバム。

kamomekamome - Wikipedia

 

曲順

Amazon.co.jp: 試聴 (MP3)。

1. ナイーブ レターズ

2. 例え言葉は冷静に

3. 頭の中お大事に

4. 劇団ノーサンキュー

5. 氷

6. 切り口添えて

7. Bedside Manners

8. 影 満ちる先

9. 瞬く街

10. 手を振る人

 

作品について

咆哮するハードコアと鮮麗なメロディが流れる。

ハードコア音楽によくみられるシャウト(絶叫)及びスクリーム(悲鳴)が前面に展開、同時に叙情的なヴォーカルによる鮮麗なメロディも展開されます。

ハードなサウンドからクリーンでメロディアスなサウンドへ切り替わるタイミングが絶妙であり、バンドのサウンド的特徴の一つです。

ハードなサウンドとクリーンなサウンドとの落差や違いがハッキリしており、切り替わり続けるサウンド構成が面白いです。

ヴォーカルとコーラスによるシャウトバトルのような掛け合いもバンドの特徴でもあり、激熱なサウンドを終始聴かせてくれます。

 

3. 頭の中お大事に

シャウトバトルとブラストビートの波状攻撃が凄まじく激しい。

感情的かつ撒き散らすようなヴォーカルのシャウトもまた凄い。

豪快なラウドロックナンバーです。

ブラストビートとは?

バス・ドラムとスネア・ドラムを交互または同時に高速で打つドラム奏法の一つ。

ツタ、ツタ、ツタ、ツタ、ツタ、ツタ、ツタ、ツタ、と高速で鳴り続ける。

 

4. 劇団ノーサンキュー

テンポの速いラウドロックでありながら情緒ある渋い雰囲気に包まれます。

要因は透明感のあるヴォーカルの声によるものだと思われます。

シャウトやスクリームは無く、クリーンなヴォーカルラインのみです。

kamomekamomeのもう一つの顔だと思えた楽曲です。

 

5. 氷

日本語の歌詞からリズミカルなグルーヴが発生しています。

このリズミカルなグルーヴが素晴らしく、日本語によるヴォーカルの魅力を再発見する事が出来ました。

壮大感のある伴奏により、一層スケールの大きい楽曲に仕上がっています。

グルーヴとは?

その音楽から発生される良い意味での音楽的感覚を意味します。

よって、機械的な音楽にはグルーヴ(良い意味での音楽的感覚)は発生せず。

 

7. Bedside Manners

哀愁感のある切ない楽曲です。

過激的なサウンドは無く、他の楽曲と比べテンポは抑えめ。

伸びのあるサウンドが聴く者をこの楽曲の世界へ引き込みます。

そして、涙腺を刺激する『泣き』のメロディとヴォーカルの声が胸を熱くさせます。

 

9. 瞬く街

清々しい疾走感が堪らない。

優しくて味のあるヴォーカルが素晴らしいです。

そして、タイミング良くヴォーカルとコーラスによるシャウトバトルへと切り替わる。

クリーンからハード、ハードからクリーンへと切り替わるタイミングが本当に上手いです。

 

おんすきの選曲

・ナイーブ レターズ

・例え言葉は冷静に

・手を振る人

 

選曲の感想

・ナイーブ レターズ

kamomekamomeの代表曲。

いきなりヴォーカルとコーラスによるハードな掛け合いが炸裂!!!

そして、掛け合いから疾走感に溢れた鮮麗なメロディへと切り替わる。

この切り替わるタイミングとメロディが素晴らしいです。

激しいだけのバンドとは異なるという事を実感しました。


kamomekamome - "ナイーブ レターズ" Official Music Video

 

 

・例え言葉は冷静に

猛烈にテンポが速いハードコアナンバー。

ヴォーカルとコーラスの激し過ぎるシャウトバトルにノックアウト。

伴奏も凶悪なサウンドをぶちかましてくる。

メロディアスで繊細なヴォーカルラインも展開するが、一時の休息のようなもの。

この一時の休息が逆に激しさを増させています。


kamomekamome "例え言葉は冷静に" Official Music Video

 

 

・手を振る人

kamomekamomeの代表曲。

感情が込められた鬼気迫る表現力に圧倒されました。

激熱に歌い上げます。

激しいサウンド構成ではあるが、どこか切なくて胸が締め付けられます。

曲を聴き終えた後、余韻に浸りました。


kamomekamome "手を振る人"Official Music Video

 

 

BEDSIDE DONORS

BEDSIDE DONORS

 

 

以上、kamomekamomeのBEDSIDE DONORSの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界