おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

High Time (THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)

 

High Time

今回は、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのHigh Timeの感想を記載します。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)は日本のロックバンド。2003年解散。主な略称は、ミッシェル、TMGE。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT - Wikipedia

High Time(ハイ・タイム)は日本のロックバンド、thee michelle gun elephantの2ndアルバム。1996年11月1日、日本コロムビアより発売。

High Time - Wikipedia

 

曲順

Amazon.co.jp: 試聴 (MP3)。

1. brand new store

2. リリィ

3. 恋をしようよ

4. sweet MONACO

5. シャンデリア

6. blue nylon shirts (from bathroom)

7. bowling machine

8. 笑うしかない

9. flash silver bus

10. キャンディ・ハウス (texas style)

11. スロー

12. Baby, please go home~wave '33

 

作品について

ミッシェルガンエレファントのあの鋭くて激しいグルーヴが芽生えています。

パブロックの雰囲気を残しつつ、中期及び後期におけるミッシェル特有の攻撃的で危険なロックサウンドへと変貌を始めています。

前作『cult grass stars』以上に攻撃的でハードなロックンロールを聴かせてくれます。

ヴォーカルの『がなり』やギターのカッティングなどバンドの技術が向上し、更に鋭さが増しています。

しかし、やみくもにハードなサウンドを強調させずキャッチーなメロディも展開させているところは流石だと思いました。

演奏におけるカッティングとは?

ピッキング(ストローク)にミュート(弦に触れて音量を抑える)を織り交ぜて音を切る演奏法。
乾いたような音かつ打楽器のようなリズミカルな音が特徴です。

 

1. brand new store

味わいのあるロックナンバー。

優しめのヴォーカルに、ややハードな伴奏。

前作『cult grass stars』の名残を感じさせてくれるサウンドです。

 

4. sweet MONACO

テンポが速く、荒れ狂うスピーディーなギターがカッコイイ。

歌詞やメロディが面白いです。

若干ポップな要素があるため中期及び後期ミッシェルとはまた違う激しいサウンドを展開します。

 

 5. シャンデリア

高速ギターカッティングの嵐。

最初から最後までギターカッティングが聴けます。

しかも速いテンポの中で。

凄いの一言です。

 

7. bowling machine

ガレージロック色の強いインストゥルメンタルナンバー。

ボーリングの音が鳴り響く中、危険な匂いがするブルージーなギターのリフを展開。

これが非常にカッコよく、昔ながらの伝統的なロックンロールという感じです。

そして、テンポが一変してスピードアップ。

暴走するサウンドがまさにロックンロール!!!

 

9. flash silver bus

イントロにおいて荒々しいドラムソロからのラウドなベースという楽曲構成が逸品。

この荒削りでどこか危ない感じのガレージロックはこの頃のミッシェルでしか聴けないでしょう。

 

12. Baby, please go home~wave '33

二部構成のような楽曲です。

前半は締めにピッタリなロックンロールナンバー。

爽やかなメロディと疾走感が楽しいです。

後半はクールダウン的なインストゥルメンタルナンバー。

まだ帰りたくない!!!

 

おんすきの選曲

・リリィ

・blue nylon shirts (from bathroom)

・キャンディ・ハウス (texas style)

 

選曲の感想

・リリィ

初期ミッシェルの代表曲。

印象に残るキャッチーなメロディを展開する非常に特徴的な楽曲です。

このサウンドは初期の頃の特有だと思います。

この楽曲によりミッシェルは激しいだけのバンドではないと確信させてくれました。

テンションが上がり、今聴いても素晴らしいです。


リリィ / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

 

 

・blue nylon shirts (from bathroom)

一時期この楽曲が自分の中でミッシェルのNo.1ソングでした。

清々しい爽やかなサウンドが素晴らしいです。

そして、切ない。

この爽やかなサウンドに中毒性があるため何度も何度も聴いてしまい長らく夢中になってしまいました。

爽やかなサウンドが前面に出ているためミッシェルの楽曲の中でも異彩を放っています。

blue nylon shirts (from bathroom)

blue nylon shirts (from bathroom)

  • THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

・キャンディ・ハウス (texas style)

初期ミッシェルの代表曲。

ハーモニカが楽しい軽快なロックンロール。

うねりを効かせたヘヴィなリフにより体が動いてしまいます。

ハーモニカとギターの掛け合いがバトルみたいで気持ちが高まります。

ああ、やっぱりカッコイイです。

【動画はシングルバージョンです。当作品(アルバムバージョン)と比べて音質が異なり、テンポが若干速くなっています。】


キャンディ・ハウス / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

 

 

High Time

High Time

 

 

以上、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのHigh Timeの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

 

www.ongakugasuki.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界