おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

POWERSLAVE (IRON MAIDEN)

 

今回は、IRON MAIDENのPOWERSLAVEの感想を記載します。

IRON MAIDEN (アイアン・メイデン)は、イングランド出身のヘヴィメタル・バンド。

世界で最も成功しているHR/HMバンドの一つ。バンド名は、中世ヨーロッパの拷問器具「鉄の処女」に由来する。

1975年にロンドンで結成され、1980年代初頭にイギリスで巻き起こった新しいロックの潮流「NWOBHM」(New Wave Of British Heavy Metal)を牽引し、1980年代から1990年代初頭におけるヘヴィメタル・ブームの立役者となった。

幾度にもわたるメンバーの変更を経ながら1990年代末からラインナップが安定し、21世紀に入ってもなお精力的に活動している。

アイアン・メイデン - Wikipedia

Powerslave (パワースレイヴ) は、アイアン・メイデンの5枚目のスタジオ・アルバム。

1984年9月3日に発売された。

【参加ミュージシャン】
スティーヴ・ハリス Steve Harris - ベース、ヴォーカル

ブルース・ディッキンソン Bruce Dickinson - リード・ヴォーカル

デイヴ・マーレイ Dave Murray - ギター

エイドリアン・スミス Adrian Smith - ギター、ヴォーカル

ニコ・マクブレイン Nicko McBrain - ドラムス

パワースレイヴ - Wikipedia

 

曲順

Amazon.co.jp: 試聴 (MP3)。

1. Aces High

2. 2 Minutes To Midnight

3. Losfer Words (Big 'Orra)

4. Flash Of The Blade

5. The Duellists

6. Back In The Vile

7. Powerslave

8. Rime Of The Ancient Mariner

 

作品について

アイアンメイデン特有の『世界観』が遺憾無く発揮されています。

アイアンメイデンのサウンド的特徴は華麗で気品あるメロディを中心にドラマティックなヘヴィメタルを展開します。

これが非常に特徴的なサウンドであり、アイアンメイデン特有で唯一の『世界観』が構築されています。

そして、当作品には『Aces High 』と『2 Minutes To Midnight 』という強力な楽曲が収録されている事もまた特徴的です。

当作品を初めて聴いた時はこの2曲だけしか聴いていませんでしたが改めて全ての楽曲を聴き直すとどれも素晴らしい楽曲だと気付き、より一層のめり込んでしまいました。

 

3. Losfer Words (Big 'Orra)

インストゥルメンタルナンバー。

力強いバッキングと浮遊感のあるギターメロディ。

この飽きさせない魅力的なメロディと曲構成が素晴らしいです。

 

4. Flash Of The Blade

イントロの不気味で絡みつくようなギターのリフが印象的。

怪しい雰囲気になります。

疾走感もあって嵐の夜を馬車で駆け抜ける感覚を受けました。

サビでは明るいメロディを展開し、気分が晴れました。

絶妙な曲構成です。

 

5. The Duellists

ザクザクと畳み掛けるバッキングが気持ちいい。

伸びのあるヴォーカルもまた聴いていて気持ちいいです。

そして、ギターとベースの音が美しく混ざり合う間奏部分が素晴らしいです。

 

6. Back In The Vile

イントロからテンション爆上げ!!!

豪快で荒々しいギターのリフが特徴的で非常にカッコイイです。

疾走感全開の爽快なサウンドによってノリノリになります。

アイアンメイデン流のストレートでワイルドなヘヴィメタルです。

 

8. Rime Of The Ancient Mariner

約13分というアイアンメイデンの楽曲の中でも長時間を誇る超大作の一つです。

サウンドにおける『静』と『動』を上手く使い分けているアイディアが素晴らしい。

物語性が非常に強く、語りの演出もあるため一つの映画を体感しているような錯覚を覚えました。

そして、物事の情景がドラマティックに華麗に過ぎ去っていきます。

アルバムの最後を飾るに相応しい楽曲です。

 

おんすきの選曲

・Aces High

・2 Minutes To Midnight

・Powerslave

 

選曲の感想

・Aces High

IRON MAIDENの代表曲。

アップテンポのストレートなメタルナンバー。

イントロでは芸術性のある美しいギターのリフを展開し、緊張感を覚えます。

すかさず疾走感に溢れた伴奏が展開されハイテンションかつメロディアスなヴォーカルが披露される。

遠くに響き渡るサビのギターと曲の終盤におけるヴォーカルのブルース・ディッキンソンのシャウトが素晴らしく、カッコイイという言葉に尽きます。

【動画内、0:28から曲が開始されます。】


Iron Maiden - Aces High (Official Video)

 

 

・2 Minutes To Midnight

IRON MAIDENの代表曲。

疾走感バリバリのメタルナンバー。

荒々しいサウンドだけでなく、コーラスや特徴的なメロディによる華麗でドラマティックな世界観もしっかり存在しているため内容が濃く、大変聴き応えがありました。

そして、サビの盛り上がり具合とギターソロが素晴らしい!!!

おかげでテンションの上昇が止まらなくなりました。


Iron Maiden - 2 Minutes To Midnight (Official Video)

 

 

・Powerslave

ヘヴィメタルによるエジプト感が凄い。

メロディと雰囲気がエジプトのイメージを上手く表現させています。

まさにジャケット (表紙のデザイン)通りのサウンドです。

謎めくミステリアスなギターとベースのソロパートもまた素晴らしい!!!

曲を通して古代の広大な砂漠とピラミッドのイメージが思い浮かびました。


Iron Maiden - Powerslave (Live at Long Beach Arena)

 

 

POWERSLAVE (IRON MAIDEN) 販売ページ Amazon.co.jp

IRON MAIDEN (DVD) 販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、IRON MAIDENのPOWERSLAVEの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界