おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

PORNOGRAFFITTI (EXTREME)

 

ポルノグラフィティ

今回は、EXTREMEのPORNOGRAFFITTIの感想を記載します。

Extreme (エクストリーム) は、1985年に結成されたアメリカのロックバンド。

基本的にバンドのサウンドはハードロックを基調としながらも、16ビートを刻むファンクの要素を取り入れた楽曲が主。

ファンク・メタルという新たなカテゴリーに括られることも多い。

エクストリーム (バンド) - Wikipedia

Pornograffitti(ポルノグラフィティ)は、1990年にリリースされたアメリカ合衆国のロックバンド・エクストリームの2作目のアルバム。

日本のバンド『ポルノグラフィティ』は、バンド名として当アルバムから取ったものである。

ポルノグラフィティ (エクストリームのアルバム) - Wikipedia

 

曲順

Amazon.co.jp: 試聴 (MP3)。

1. Decadence Dance

2. Li'l Jack Horny

3. When I'm President

4. Get The Funk Out

5. More Than Words

6. Money (In God We Trust)

7. It ('s A Monster)

8. Pornograffitti

9. When I First Kissed You

10. Suzi (Wants Her All Day What?)

11. He-Man Woman Hater

12. Song For Love

13. Hole Hearted

 

作品について

『ファンク・メタル』の傑作。

HR/HMにファンクを取り入れたバンドの中ではEXTREMEほど上手く取り入れたバンドは無かったと思われます。

当作品は『ファンク・メタル』としての完成度が高く、名盤との呼び声が高いです。

ファンクの要素を取り入れた事によってギターのリフがより重いサウンドになっており、それにより躍動感やリズム感が強調されているため、体が大きく縦ノリになります。

そして、ギターリスト『ヌーノ・ベッテンコート』の華麗で変態的なギターテクニックを存分に味わえます!!!

 

2. Li'l Jack Horny

サウンドも雰囲気もアメリカンテイスト満載。

ゴージャスなロックンロールという感じです。

ギターの重くて鋭いリフが素晴らしく、体が大きく縦ノリになりました。

 

3. When I'm President

イントロの時点からリズミカルで非常に楽しい!!!

ラップ調のヴォーカルと『うねる』ギターのリフ。

自然と体がジャンプしてしまいます。

盛り上がるために存在しているような楽曲です。

 

7. It ('s A Monster)

アップテンポなファンク・メタル。

ヘヴィで躍動感が凄いです。

『音』の波状攻撃がひたすら続き、興奮が止まらなくなります。

そして、豪快に暴れまくるギターソロによって止めを刺されました。

 

8. Pornograffitti

サウンドも歌詞も危ない感じでカッコイイです。

ヴォーカルの最初の一声が『S◯X』!!!

以降『S◯X』を連発。

そのためギターソロが喘いでいるように聴こえる。

実にファンキーなロックンロールです♪

 

11. He-Man Woman Hater

当作品に限らず今まで聴いてきたイントロの中で最も印象に残った一つです。

メトロノームのようなカチカチ音に合わせてひたすら速弾きギターソロを披露。

ギターの教則CDを聴いているみたいな感じです。

ギターソロが終わりハードロックによる本格的な演奏が開始されると、今度は素晴らしいギターのリフを展開。

この楽曲はギターに尽きる。

 

12. Song For Love

バラードナンバーの傑作。

『More Than Words』がアコースティックによるバラードならば、『Song For Love』はハードロックによるバラードナンバー。

特記すべきは美しさを兼ね備えた迫力のある素晴らしいコーラスです。

体中が熱く酔いしれ、ドラマティックなギターソロによって更に熱くなります。

そして、この感動的なサウンドが余韻として残り続きます。

 

おんすきの選曲

・Decadence Dance

・Get The Funk Out

・More Than Words

 

選曲の感想

・Decadence Dance

EXTREMEの代表曲。

キャッチーでダイナミックなアメリカンハードロックナンバー。

アルバムの一発目から早くも圧倒されてしまいました。

ギターも大暴れ!!!

エンターテインメント満載のごきげんなロックンロールです。

【動画内、0:13から曲が始まります】


Extreme - Decadence Dance

 

 

・Get The Funk Out

EXTREMEの代表曲。

イントロから続くベースラインに心を鷲掴みにされました。

それに続くように展開されるヘヴィでファンキーなギターのリフにより完全に虜になってしまいました。

このグルーヴ感が単純にカッコイイ!!!

ノリノリで楽しい『ファンク・メタル』の真骨頂のような楽曲です。


Extreme - Get The Funk Out

 

 

・More Than Words

EXTREMEの代表曲。

【1991年のBillboard's Hot 100にて全米ナンバー1を獲得】

アコースティックバラードの名作。

ヴォーカルとギターだけのシンプルなパート構成かつシンプルな曲構成。

綺麗で美しいメロディにより頭が真っ白になりました。

切なくて、どこか懐かしい。


Extreme - More Than Words

 

 

PORNOGRAFFITTI (EXTREME) 販売ページ Amazon.co.jp

EXTREME (DVD) 販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、EXTREMEのPORNOGRAFFITTIの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界