おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

偶神 (偶想Drop)

 

今回は、偶想Dropの偶神の感想を記載します。

偶想Drop (グウソウドロップ)は、日本の女性アイドルグループ。

『世界一激しいアイドル』をキャッチフレーズに活動するアイドルグループです。

パンク、ハードコアを伴奏に歌いダンスを披露するスタイルを持ちます。

所謂、ラウド系アイドルです。

ライブではアイドル側もオーディエンス (偶神) 側も過激で非常に激しく荒れ狂う。

よってモッシュ、クラウドサーフ(ダイブ)、リフトは当たり前のように発生します。

 

偶神(グウシン)は2016年11月23日発売の偶想Dropのシングル。

 

作品について

当作品から『スリルとリアル』を感じました。

この感覚はかつてのインディーズロックバンドや、あまり表舞台に出てこなかったロックバンドから受けたような感覚です。

それをまさかアイドルから受けれるとは驚きです。

いや、偶想Dropを含め今のアイドルはこういった感覚的要素を持っている気がする。

最近の音楽の中では聴いていて激しく燃えることが出来た数少ない作品です。

 

曲順

1. 偶神

2. あ ゙ 

3. 女々しいMen

4. あ ゙  (SPECIAL edition)

5. Tearing teens(LIVE version #LOW&RAW RECORDING)

6. ド田舎PUNK擬女(LIVE version #LOW&RAW RECORDING)

7. 偶神(LIVE version #LOW&RAW RECORDING)

 

おんすきの選曲

・偶神

・あ ゙ 

・女々しいMen

 

選曲の感想

・偶神

技術度外視の豪快なヴォーカルに爆音のラウドサウンドなど全てが弾けている。

そしてシャウトが攻撃的かつ感情的で素晴らしい。

オーディエンスとの掛け合いが熱くて楽しい。

これは暴れられる。

可愛いというより触ったら火傷しそうで危険な楽曲です。


偶想Drop『偶神』PV

 

 

・あ ゙ 

全編『あ』のみの歌詞構成。

よってヴォーカルは『あ』しか発しない。

この勢い、大胆さ、バカらしさ、これは地下アイドル(インディーズ)にしか出来ないだろう。

これはこれで大切な精神ですし、この行動力は素晴らしいです。

良いものは良いんですから。

 

 

・女々しいMen

アイドルとは思えないハードでアグレッシブな楽曲。

だが、しっかりアイドルもしています。

ラウドロックとアイドルという2つの要素がバランス良く成り立っている印象を受けました。

ヴォーカルにおいて歌唱力という技術に関してはお世辞にも上手いとは言えませんが、

音楽で大切なものである『リアル』を感じさせています。

『リアル』という要素のおかげで楽しく聴くことが出来ました。

 

 

偶神 (偶想Drop) 販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、偶想Dropの偶神の感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界