おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

Love at First Sting (SCORPIONS)

 

今回は、SCORPIONSのLove at First Stingの感想を記載します。

Scorpions(スコーピオンズ)は、ドイツ出身のロックバンド。
ジャンル:ジャーマンメタル
     ハードロック
     ヘヴィメタル

スコーピオンズ - Wikipedia

Love at First Sting(禁断の刺青)は、スコーピオンズの9作目のスタジオ・アルバム。 

禁断の刺青 - Wikipedia

ジャーマンメタルとは

ジャーマンメタルとは、ヘヴィメタルのサブジャンルの一つ。ドイツ出身のヘヴィメタル・バンド群の総称

イノベイターとしてはハロウィン、スコーピオンズ、アクセプト、ガンマ・レイなどが挙げられる。その他にも、本国ドイツでは大御所の域に達しているブラインド・ガーディアン、日本で大人気となったフェア・ウォーニング、世界的に人気を集めつつあるラムシュタインなど、様々なバンドが存在する。

ジャーマンメタル - Wikipedia

 

作品について

当作品の時点においては既に長い音楽活動を経験し積み重ねられているため高い技術力と安定感のようなものがあり、スコーピオンズの『音』が構築されています

そして最高傑作と呼ばれる事があります。

当作品のサウンド的特徴はヘヴィメタル過ぎず、またポップ過ぎることも無く比較的誰でも楽しめるようなサウンドになっています。

スコーピオンズによる透明感と哀愁感のあるヴォーカルに、変幻自在かつ泣きのギターを十分すぎるほど堪能できます。

また代表曲である『Rock You Like a Hurricane』、『Still Loving You』など強力な楽曲が収録されているのも魅力的であり、蠍団をじっくり味わえます。

 

曲順

1. Bad Boys Running Wild

2. Rock You Like a Hurricane

3. I'm Leaving You

4. Coming Home

5. The Same Thrill

6. Big City Nights

7. As Soon as the Good Times Roll

8. Crossfire

9. Still Loving You

 

おんすきの選曲

・Rock You Like a Hurricane

・Coming Home

・Still Loving You

 

選曲の感想

・Rock You Like a Hurricane

SCORPIONSの代表曲。

叩きつけるビートに華麗に響き渡るヴォーカル。

強弱のついたサウンドでパワフルに感じます。

荒々しく美しいギターソロの心地いい音がまた素晴らしい。

力強く押し寄せるジャーマンメタルナンバーです。


Scorpions - Rock You Like A Hurricane (Official Video)

 

 

・Coming Home

二つの顔を持つ楽曲です。

冒頭から中頃にかけては繊細でゆったりとしたスローテンポな曲構成。

そして鳴り響くギターの余韻の後に一気にテンポが加速し、荒々しくハードなサウンドが展開される。

メロディ感のあるバッキングもかっこいいです。

静寂から喧騒になるという構成が堪らない。

【動画内、曲の途中(喧騒)から始まります。】


Scorpions - Coming Home (Unreleased Demo Version)

 

 

・Still Loving You

SCORPIONSの代表曲。

これは『スコーピオンズの』と言うより、『ヘヴィメタルの』バラードの中で群を抜く存在、と言った方が正しいかもしれない。

哀愁感満載のヴォーカルとチョーキングを効かせまくりの泣きのギターが素晴らしい。

壮大な物語を壮大なサウンドで表現されているという感覚を受けます。

素晴らしいバラードナンバーと同時にスコーピオンズのサウンド的特徴が詰まったような楽曲です。


Scorpions - Still Loving You (Official Video)

 

  

Love at First Sting (SCORPIONS) 販売ページ Amazon.co.jp

SCORPIONS (DVD) 販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、SCORPIONSのLove at First Stingの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界