おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

21st CENTURY DREAMS (NAMBA69)

 

今回は、NAMBA69の21st CENTURY DREAMSの感想を記載します。

NAMBA69(ナンバシックスティーナイン)は、日本のロックバンド。

ジャンル:メロディック・ハードコア

2013年、難波章浩(Vocal・Bass)、K5 (Guitar) 、SAMBU (Drums)と共に3ピースバンド、NAMBA69として活動を開始。

2014年6月9日にはデビューシングル「MELODIC PUNKS NOT DEAD!!!」を発売。

21st CENTURY DREAMS (トゥエンティファーストセンチュリードリームズ)は、NAMBA691stアルバム

メロディック・ハードコアとは?

メロディック・ハードコア (Melodic Hardcore) とは、音楽ジャンルの一つ。

日本における略称は「メロコア」。 

サウンド的特徴は80年代ハードコア・パンクをルーツとし、激しいリフにヴォーカルによる叙情的なメロディラインを展開させる構成が特徴的である。

   

作品について

単純ではなく、様々な要素が込められた作品です

『 21st CENTURY DREAMS』では力強いヴォーカルを展開し、難波氏のソロ名義で発表された『STARTING OVER』を入れるなど、様々な思いがあるという印象を受けました。

同時に曲構成にひねりを加えたり、ストーリー性を含めたりするなど技術的なこだわりや工夫がされている印象も受けました。

サウンド的には『TRUE ROMANCE』のような王道的なメロコアナンバーがあれば、『STRAY DOG』、『GHOST』のようにヘヴィな音を効かせたハードな楽曲もあります。

そして当作品で難波氏が5弦ベースを使用している事に驚きました。

 

曲順

1. INTRO

2. 21st CENTURY DREAMS

3. TRUE ROMANCE

4. SUMMERTIME

5. ON THE ROAD

6. STRAY DOG

7. STARTING OVER

8. THE WORLD IS YOURS

9. JUST BECAUSE

10. NMFN

11. GHOST

12. TRASH

13. FOREVER KID

 

おんすきの選曲

3. TRUE ROMANCE

4. SUMMERTIME

6. STRAY DOG

 

選曲の感想

3. TRUE ROMANCE

NAMBA69の代表曲。

爽快なメロコアナンバー。

聴き易く覚えやすいメロディラインを展開するので自然とテンションが上がります。

雰囲気的にトゲトゲしさがあまり無く、優しさのようなものを感じました。

しかし勢いがあり迫り来るような押しの強いサウンドになっています。


NAMBA69 / TRUE ROMANCE

 

 

4. SUMMERTIME

ギターのリフが非常に印象的。

ミドルテンポでゆったりとした雰囲気の楽曲です。

そしてヴォーカルのメロディが感動的で大変素晴らしく胸が熱くなります。

ゆったりとした雰囲気の中で熱く歌い上げるので更に胸が熱くなります。

曲構成がドラマチックで物語を聴いているような感覚になります。


NAMBA69 / SUMMERTIME

 

 

6. STRAY DOG

ハードなメロコアナンバー。

メロコア特有の爽快感だけではなく、音が厚く重くなっているのでラウド感もあります。

荒々しく、鬼気迫るような楽曲です。

そしてどこか緊張感があります。

だが、そこが良い。

【動画内、ショートバージョンです。 なお、難波氏が5弦ベースを使用している様子が確認できます (0:10あたり) 】


NAMBA69 / STRAY DOG(Special Ver.)

 

 

21st CENTURY DREAMS (NAMBA69) 販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、NAMBA69の21st CENTURY DREAMSの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界