おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

Tales of Purefly (MAN WITH A MISSION)

 

今回は、MAN WITH A MISSIONのTales of Pureflyの感想を記載します。

MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)は、日本のロックバンド。頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5人で構成されるという設定である。バンド名は英語で「使命を持った男」という意味で、MWAMやマンウィズなどの略称で呼ばれる。

Japan Expo 13 - MAN WITH A MISSION - 2012-0705- P1400914.jpg

「Japan Expo 2012」にて。

MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション) - Wikipedia

『Tales of Purefly』(テイルズ・オブ・ピュアフライ)は、MAN WITH A MISSIONのアルバム。フルアルバムとしては3作目

Tales of Purefly(テイルズ・オブ・ピュアフライ) - Wikipedia

 

作品について

キャッチーな曲からハードな曲まで多種多様でとても聴き応えがあります。

驚いたのが当作品に収録されている楽曲の半数近くがタイアップソングとして使用されている事です。

そしてアルバム全体が異様なまでに完成度が高いです

そのため当ブログの選曲コーナーにおいて今回は選曲が難しく不可能になるかもしれないと焦りました。

当作品には『Emotions』など、代表曲『FLY AGAIN』に負けないキラーチューンが存在します

主にCMソングやテレビ番組、さらには映画の主題歌などに使われる例がある。 映像と音楽は融合しやすく、その音楽を聞く/映像を観ると、思い出されるというように双方の相乗効果をもたらすことも期待できる。

タイアップ - Wikipedia

 

曲順

1. tales of purefly

2. evils fall

3. Wake Myself Again

4. database feat. TAKUMA(10-FEET)

5. vitamin 64

6. higher

7. Emotions

8. whatever you had said was everything

9. When My Devil Rises

10. Searching life

11. your way

12. babylon

13. Dancing On The Moon

 

おんすきの選曲

2. evils fall

7. Emotions

9. When My Devil Rises

選曲の感想

2. evils fall

重く鳴り響くサウンドからメロディアスなギターへと冒頭から飛ばしてくれます。

間髪入れずラップが入り、それから声に伸びのあるヴォーカルへと切り替わる。

そのままサビへ突入するがこの時のヴォーカルの声が心地の良いものになっており、そして再び荒れ狂うラップに切り替わるという次から次へと速い展開が続いていきます。

しかし、曲の中盤においては静けさに包まれた雰囲気になるという意表を突いてきます。

全体的に攻撃的で激しい楽曲になっています。


MAN WITH A MISSION 『evils fall』

 

7. Emotions

MAN WITH A MISSIONの代表曲。

静寂で緊張感のある冒頭により体がゾクゾクする。

ゾクゾクしてきたと同時にMAN WITH A MISSIONを象徴するようなメロディが展開され、本格的に曲が始まります。

この冒頭からの流れが素晴らしく、テンションが上がり興奮してしまいます。

緊張感のある雰囲気が最後まで続き、切なくて迫力のあるサウンドがこの曲の特徴です。


MAN WITH A MISSION「Emotions」

 

9. When My Devil Rises

疾走感たっぷりのメロディがカッコイイ。

テンポが速くヘヴィかつ荒々しい伴奏に畳み掛けるヴォーカルでひたすら攻めてきます。

そして追い打ちをかけるように素晴らしいサビのメロディでノックアウト!!!

ヴォーカルと伴奏共にストレートでひたすら攻めまくります。

音による波状攻撃が止まらない感じです。


MAN WITH A MISSION 『When My Devil Rises』

 

 

Tales of Purefly (MAN WITH A MISSION)  販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、MAN WITH A MISSIONのTales of Pureflyの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界