読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

A FORLORN HOPE (BRAHMAN)

 

今回は、BRAHMANのA FORLORN HOPE (メジャー1stアルバム)の感想を記載します。

BRAHMAN(ブラフマン)は、日本ロックバンド1995年に結成。メロディック・ハードコア民族音楽をベースにしたミクスチャー・サウンドが特徴

BRAHMAN - Wikipedia

  • メジャーレーベルとしては初となるアルバム
  • タイトルは「決死隊」という意味。
  • 先行シングルである「DEEP」「ARRIVAL TIME」は新たに再録されたバージョンとなっている。

A FORLORN HOPE - Wikipedia

 

作品について

曲中に静寂と激烈が同時に存在する。

当作品でもそうだがブラフマンというバンドの音の特徴は激しい音から静かな音へ変化し、そして静かな音から激しい音に変化するという構成を一つの曲の中で幾度も繰り返す、つまり『音に強弱がある』のではなく『曲構成に強弱がある』という感じです。

その結果、激しい場面では音がより一層強く爆発して激しいグルーヴが発生し思わず動いて暴れてしまい、静かな場面では落ち着いた雰囲気で心身ともに癒されます。

感情的なヴォーカルもこのバンドの特徴で興奮や感情が伝わってきます。

しかし、やはりこのバンドはライブでその魅力を強く発揮します。

 

曲順

1. FOR ONE’S LIFE
2. BASIS
3. SHADOW PLAY
4. LAST WAR
5. DEEP
6. Z
7. SLIDING WINDOW (INSTRUMENTAL)
8. BOX
9. MIS 16
10. PLASTIC SMILE
11. ARRIVAL TIME
12. BED SPACE REQUIEM

 

おんすきの選曲

2. BASIS

5. DEEP

11. ARRIVAL TIME

 

選曲の感想

2. BASIS

ブラフマンの代表ナンバー。

冒頭からいきなり激しい音を聴かせてくれるのでライブでは火蓋を切るようにモッシュが巻き起こります。

そして急に静かになり、再びまた激しくなります。

この曲構成がクセになる。

山あり谷ありだが、そこが面白い。


BRAHMAN 『BASIS』

 

5. DEEP

ブラフマンの代表ナンバー。

速めのテンポで誤魔化しの無いストレートなロック。

荒々しくて男臭いヴォーカルがカッコイイ。

とにかく熱過ぎるサウンド。

そしてあっという間に曲が終わる。

Deep

Deep

  • BRAHMAN
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

11. ARRIVAL TIME

静寂と激烈が同時に存在する曲。

曲の冒頭は静寂で緊張感に包まれている、まるで嵐の前の静けさです。

やがて静寂から徐々に音が激しくなり、爆発するように激烈な音が始まる。

冒頭とは音が180度違います。

激烈が終わると再び静寂になります。

 

『静寂』な部分の音と『激烈』な部分の音の両方を用意しました。

冒頭の静寂な部分。【なお下記のサウンドはSingleバージョンのためAlbumバージョン          とは若干異なります】

Arrival Time

Arrival Time

  • BRAHMAN
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 そして激烈な部分。【これはAlbumバージョンです】

Arrival Time

Arrival Time

  • BRAHMAN
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

A FORLORN HOPE BRAHMAN 販売ページ Amazon.co.jp 

BRAHMAN (DVD) 販売ページ Amazon.co.jp 

 

以上、BRAHMANのA FORLORN HOPE (メジャー1stアルバム)の感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

関連記事

yt0719yt.hatenablog.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界