読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

NEVERMIND (NIRVANA)

 

今回は、NIRVANAのNEVERMIND (2ndアルバム)の感想を記載します。

ニルヴァーナ (バンド) - Wikipedia

ネヴァーマインド(NEVERMIND) - Wikipedia

 

・作品について

プログレッシブ・ロックやヘヴィメタルのような技巧テクニックを使用せずにシンプルな演奏方法でここまで豊かな音楽的表現を実現させ可能性を見出した実績はやはり大きい。

ニルヴァーナ以前にもシンプルな演奏方法を中心としたアーティストは存在するが、ニルヴァーナの出現によりそのような音楽が更に広まり一般的になったと感じる。

つまりニルヴァーナをきっかけにこれまでの音楽的常識が自己の感情を素直にぶつけやすい自由な環境へと変化したのではないかと考えられる。

当作品においても掻き鳴らすように弾くことを中心としたギターと感情的に歌い上げるヴォーカルなど比較的シンプルな演奏方法となっている。

しかし、シンプルな演奏方法であっても音楽の楽しさとアーティストの感情がダイレクトかつストレートに伝わってくる。

 

Amazon.co.jp: 試聴が出来ます(MP3)。

・曲順

1. Smells Like Teen Spirit
2. In Bloom
3. Come As You Are
4. Breed
5. Lithium
6. Polly
7. Territorial Pissings
8. Drain You
9. Lounge Act
10. Stay Away
11. On A Plain
12. Something In The Way

 

・おんすきの選曲

1. Smells Like Teen Spirit

3. Come As You Are

4. Breed

 

・選曲の感想

1. Smells Like Teen Spirit

ニルヴァーナの代表ナンバー。

ミドルテンポで荒々しいヘヴィサウンドに感情的なヴォーカル。

演奏自体はシンプルだが異常なほど音に厚みがあり、そして鬼気迫るサウンドにより体全体にそのサウンドが響き渡る。

まるで命を削って歌い演奏をしているような感じだ。

まずはこの曲を聴いて欲しい。


Nirvana - Smells Like Teen Spirit

 

3. Come As You Are

吸い込まれそうなサウンドだ。

スローテンポで透明感のある揺らめいたギターサウンドが印象的。

そしてヴォーカルのメロディが前面に出ており途方もない美しさを放ち続ける。

透き通ったガラスのような曲だ。

このサウンドと雰囲気はニルヴァーナ特有のものだろう。


Nirvana - Come As You Are

 

4. Breed

スピーディーなラウドロック。

ヘヴィなサウンドで爽快感のあるストレートなロックナンバー。

曲調が非常に分かりやすくシンプルで聴きやすい。

何も考えずに暴れられる。

そして飛んでいける。


Nirvana - Breed

 

NEVERMIND (NIRVANA) 販売ページ Amazon.co.jp

NIRVANA (DVD) 販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、NIRVANAのNEVERMIND (2ndアルバム)の感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界