おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

Recipe for Hate (Bad Religion)

 

今回は、Bad ReligionのRecipe for Hate(7thアルバム)の感想を記載します。

バッド・レリジョン - Wikipedia

 

・作品について

疾走感と哀愁感の同時猛攻。

メロディック・ハードコア(メロコア)を確立させた功労者。

当作品の音楽的特徴としては疾走感と哀愁感があり、飛び跳ねてしまう曲もあればtrack7の Watch It Dieのようなしっとりとした曲もある。

疾走感と哀愁感の二つの要素が合体したtrack4のPortrait Of Authorityのような曲も存在する。

そしてこのバンドはハモリとコーラスが実に素晴らしい。

 

・曲順

1. Recipe For Hate
2. Kerosene
3. American Jesus
4. Portrait Of Authority
5. Man With A Mission
6. All Good Soldiers
7. Watch It Die
8. Struck A Nerve
9. My Poor Friend Me
10. Lookin' In
11. Don't Pray On me
12. Modern Day Catastrophists
13. Skyscraper
14. Stealth

 

・おんすきの選曲

1. Recipe For Hate 

3. American Jesus

8. Struck A Nerve

 

・選曲の感想

1. Recipe For Hate 

疾走感という言葉がピッタリだ。

テンポが速く爽やかでノリが非常に良い。

荒々しいギターとヴォーカルのメロディで更にテンションがヒートアップ。

これを聴いたら落ち着いてなんかいられない。

走り回りたくなる。

f:id:yt0719yt:20160829175131j:plain

 

3. American Jesus

バッドレリジョンの代表ナンバー。

イントロのギターで体が反応してしまう。

荒々しいがミドルテンポで少し落ち着きがある。

そして特記すべきは印象に残るヴォーカルのメロディだ。

そのメロディをコーラス隊が更に盛り上げるため聴いている方はテンションが上がってしまう。


Bad Religion- American Jesus

 

8. Struck A Nerve

哀愁感たっぷりのバラードテイスト。

とにかくメロディで泣けてしまう。

そしてハモリとコーラスで更に胸が熱くなる。

終盤のギターソロが非常に良い仕事をしている。

切ないギターソロの余韻で曲の幕を閉じる。


Bad Religion- Struck A Nerve

 

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

 

Recipe for Hate

Recipe for Hate

 

 

以上、Bad ReligionのRecipe for Hate(7thアルバム)の感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界