読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

60 Second Wipe Out (Atari Teenage Riot)

 

今回は、Atari Teenage Riotの60 Second Wipe Out (3rdアルバム)の感想を記載します。

アタリ・ティーンエイジ・ライオット - Wikipedia

 

・作品について

尋常じゃない。

元祖デジタル・ハードコアというその存在感をサウンドで遺憾無く発揮。

テクノなどダンスミュージックにカテゴライズされる場合があるが、もはやその域にとどまらない。

当作品は高速BPMにシャウトとノイズ、そしてプログラミングによるラウドなバッキングで凄まじいグルーヴをまき散らす激しい曲が大多数を占めており『マニアックな音楽』と感じるかもしれない。

しかしこのような音楽表現をするグループが存在していることを知っていただきたい。

BPM - Wikipedia 

 

【聴く際は音量に注意】

Amazon.co.jp: 試聴が出来ます(MP3)。

・曲順

1. Revolution Action

2. By Any Means Necessary

3. Western Decay

4. Atari Teenage Riot II

5. Ghostchase

6. Too Dead For Me

7. US Fade Out

8. The Virus Has Been Spread

9. Digital Hardcore

10. Death Of A President D.I.Y.!

11. Your Uniform (Does Not Impress Me!)

12. No Success

13. Anarchy 999

14. Paranoid (ボーナストラック3曲収録 / 国内盤)

15. Sex Low Penetration (ボーナストラック3曲収録 / 国内盤)

16. No Success (Digital Hardcore Remix) (ボーナストラック3曲収録 / 国内盤)

 

・おんすきの選曲

1. Revolution Action

6. Too Dead For Me

16. No Success (Digital Hardcore Remix)

 

・選曲の感想

1. Revolution Action

初っ端から狂乱。

イントロは『タメ』からの大放出。

高速BPMの荒れ狂うダンスチューンにノイズとラウドサウンドが絡む。

そしてシャウトによる掛け合いが熱く、聴いている方まで熱が伝わってくる。

曲の間奏はノイズの嵐で頭がトリップする。

【曲は0:00~4:07までになります】


Atari Teenage Riot - Reset Tour (2015) Live 2015 HD 720p

 

6. Too Dead For Me

音の暴走。

高速BPMの中でメッセージを次から次へと声を張り上げてシャウトする。

声が感情的であるためサウンドに厚みが増している。

攻撃的で最初から最後まで圧倒される。

今にも何かが暴走し爆発しそうだ。


Atari Teenage Riot "Too Dead For Me"

 

16. No Success (Digital Hardcore Remix)

これはカオスな音だ。

超高速BPM、伴奏は様々な音でごちゃ混ぜ、ヴォーカルはエフェクトが効き過ぎて聞き取れない、もはやマニア以外にはついて来れないかもしれない。

良い言い方をすれば独特な表現方法、悪く言うとただの雑音。

しかしそれは希少価値であるという考え方ができる、つまりこの曲は少数派であり『稀』である可能性が高い。

この曲は理解できないかもしれないがこのグループは挑戦的または実験的もしくは遊び心があるということだけは感じとれる。

【聴く際は音量に注意】

No Success (Digital Hardcore Remix)

No Success (Digital Hardcore Remix)

  • Atari Teenage Riot
  • エレクトロニック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

60 Second Wipe Out (Atari Teenage Riot) 販売ページ Amazon.co.jp

Atari Teenage Riot (DVD) 販売ページ Amazon.co.jp

 

以上、Atari Teenage Riotの60 Second Wipe Out (3rdアルバム)の感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界