おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

Morning Glory (Oasis)

 

今回は、OasisのMorning Glory (2ndアルバム)の感想を記載します。

オアシス (バンド) - Wikipedia

モーニング・グローリー - Wikipedia

 

 ・作品について

当作品は『オアシスを』というよりブリットポップを代表するような作品である。

ブリットポップによるUKサウンドが十分に発揮されており、アメリカのPOPサウンドやブルース色が強いロックンロールとはまた違う。

そして曲の一つ一つが個性の強いサウンドになっているため単なるフルアルバムではなく、まるでベストアルバムのような作品になっている。

よってオアシスの代表ナンバーやライブの定番ナンバーが揃っている。

存在感や売り上げ記録など当作品はいろんな意味で凄いです。

ブリットポップ - Wikipedia

 

Amazon.co.jp: 試聴が出来ます(MP3)。

・曲順

1. Hello

2. Roll With It

3. Wonderwall  

4. Don't Look Back in Anger

5. Hey Now!

6. (Untitled)

7. Some Might Say

8. Cast No Shadow

9. She's Electric

10. Morning Glory

11. (Untitled)

12. Champagne Supernova

 

・おんすきの選曲

3. Wonderwall  

4. Don't Look Back in Anger

10. Morning Glory  

 

・選曲の感想

3. Wonderwall

オアシスの代表ナンバー。

哀愁に満ち溢れたアコースティックギターのサウンドを効かせたバラードナンバー。

イントロのギターの部分から早くも泣けてくる。

音楽による感動的な世界観で一つの物語を聴いているような感覚になる。

サビのメロディもまた切なく、しっかり盛り上げでくれる。


Oasis - Wonderwall

 

4. Don't Look Back in Anger

オアシスの代表ナンバー。

ライブなどで大合唱をするために生まれてきたような曲だ。

スローナンバーで印象に残るしっかりとしたメロディで思わず一緒に歌いたくなってしまう。

明るめな雰囲気もまた良い。

晴れた日に聴いたら気持ちいいだろうなぁ。


Oasis - Don’t Look Back In Anger

 

10. Morning Glory

オアシスの代表ナンバー。

イントロのギターのリフでテンションが猛烈に上がる。

ミドルテンポでサウンド自体はそれほど激しくは無いが何故か胸が激しく高鳴る。

そして一緒に声を上げて歌い出すだろう。

曲中にヘリコプターの航空音が挿入されているため、現実にヘリコプターの音が聞こえてきたらこの曲だと敏感になってしまいそうだ。


Oasis - Morning Glory

 

モーニング・グローリー

モーニング・グローリー

 

 

以上、OasisのMorning Glory (2ndアルバム)の感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界