読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT ( ナンバーガール )

 

今回は、NUMBER GIRLのSCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICTの感想を記載します。

ナンバーガール(NUMBER GIRL)は、日本のオルタナティヴ・ロックバンド。

ナンバーガール(NUMBER GIRL) - Wikipedia

SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICTは、日本のロックバンドナンバーガールが1999年にリリースしたメジャー1枚目の(通算2枚目)オリジナル・アルバム 

SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT - Wikipedia

 

・作品について

恐れずひたすら走り続けるような精神の塊。

歌唱力など技術があるとは言い切れないが、音楽に対してがむしゃらに挑戦するような姿勢がサウンドとして聴こえてきます。

表現方法がストレートかつ不器用で必死に何かを伝えようとしているのが見えてきます。

track10の冒頭では何かを擦ったり引きずったりするような効果音を鳴らし続けるという演出がありプログレッシブ・ロックを聴いているような感覚を覚え、実験的かつ積極的な姿勢も見受けられます。

何度も聴いているうちに自分の中で躊躇していた部分が少し解放された気がします。

 

リンク先のページにて中段へスクロールした所で試聴が出来ます。

・曲順

1. タッチ
2. PIXIE DU
3. 裸足の季節
4. YOUNG GIRL SEVENTEEN SEXUALLY KNOWING
5. 桜のダンス
6. 日常に生きる少女
7. 狂って候
8. 透明少女
9. 転校生
10. EIGHT BEATER

 

・おんすきの選曲

1. タッチ

6. 日常に生きる少女

8. 透明少女

 

・選曲の感想

1. タッチ

叩きつけるように、掻き鳴らすように弾きまくるギターが逆に清々しい。

晴れた日の中でひたすら走り続けるような情景を浮かばせてくれる疾走感ある曲です。

全体的にヴォーカルのメロディラインがとても心地よい。

何度も何度も聴いているうちに味わいが増してくる。

まるでスルメのような曲です。


NUMBER GIRL - タッチ

 

6. 日常に生きる少女

曲がいくつもあるような曲だ。

前半は速めのテンポで80年代のパンクロック風なギターサウンドを聴かせてくれる。

中盤はゆったりとしたギターサウンドになり非常にしっとりとした雰囲気になる。

後半は荒々しいドラムとギターが混じり合い激しいロックになる。

この試みを個人的に素晴らしく思っており、ライブで体感してみたかったです。

日常に生きる少女

日常に生きる少女

  • ナンバーガール
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

8. 透明少女

どこか儚い曲だ。

疾走感という言葉が似合い、終始ストレートに曲が流れていく。

サウンドこそは荒々しく激しめだが、爽やかでどこか切なく透明感あるメロディに胸が締め付けられる。

夏の時期、緑に囲まれた大地に居るようでその場所を走っているような感覚になる。

そしてあっという間に曲が終わり余韻に浸る。


NUMBER GIRL - 透明少女

 

SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT

SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT

 

 

以上、NUMBER GIRLのSCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICTの感想を記載させていただきました。

 

ではまた♪

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界