おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

Appetite For Destruction (Guns N' Roses)

 

Appetite For Destruction

今回は、Guns N' Rosesの Appetite For Destruction (1stアルバム)の感想を記載します。

ガンズ・アンド・ローゼズ (Guns N' Roses/略称GN'R) - Wikipedia

アペタイト・フォー・ディストラクション(Appetite for Destruction) - Wikipedia

 

1. Welcome to the Jungle

ガンズ・アンド・ローゼズの代名詞。

音による始まり感が凄い、そして引きずり込まれるような感覚がする。

ブルースや初期ロックンロールを基調にしたガンズによるロックンロール、スラッシュのチョーキング、アクセル・ローズ のセクシーなヴォーカルなど様々な要素が満載だ。

これはガンズ・アンド・ローゼズの基本サウンドが詰まったような曲だ。

そして危険な世界にたどり着いたような気がする。


Guns N' Roses - Welcome To The Jungle

 

2. It's So Easy

危ない夜の世界に居るような音だ。

ミドルテンポのストレートなロックンロール。

曲の構成自体はシンプルで聴きやすい。

そして何故かガンズが演奏するとバイクや皮ジャンを連想してしまう。

アメリカンたっぷりなロックンロール。

 

3. Nightrain

終始ギターを楽しめる。

ギターがかなり前面に来てはアピールをしているが、あくまでも曲の構成を担っているにすぎず決して壊しているわけではない。

その結果、ヴォーカルとギターとの噛み合い具合が心地良いものになっている。

そして最後の最後までスラッシュのギターが楽しめる。

特にこの曲はギターに尽きる。

 

4. Out ta Get Me

ギターのチョーキングがやたらカッコイイ。

そしてギターのリフが頭に残る。

ミドルテンポで曲の構成自体はシンプル、だがストレートで全体的にヴォーカルもギターも荒々しい。

ワイルドなヴォーカルとギタープレイが聴ける。

この曲もまた危険な香りがする。

リフ(riff) - Wikipedia

 

5. Mr. Brownstone

個性的過ぎるリフ。

低音と高音が流れるように鳴らされる特徴的なこのギターのリフを聴いたら

『Mr. Brownstoneだ』、とすぐ思い浮かぶだろう。

ザクザク刻まれるリズムもまた特徴的で体が動いてしまう。

しかしこれはじっくり聴いたほうが良いだろう。

真似したくなるリフです。

 

6. Paradise City

最高の盛り上げナンバー。

冒頭はクリーンなギターに合わせてバンドメンバーのハモリから始まる。

そして合図のように笛が鳴らされると激しい伴奏が開始、強弱のついたうねるサウンドで飛び跳ねてしまうほどテンションが激しくなる。

曲終盤になるとテンポが倍速になり更にもっともっと激しくなります。

誰もが楽しめるロックンロールです。


Guns N' Roses - Paradise City

 

7. My Michelle

妖しい雰囲気を匂わせる。

スローテンポになったりファストテンポになったりと交互に展開されます。

それが妖しい雰囲気を更に作り上げます。

目まぐるしい展開をドラムとベースが上手くまとめているような印象を受けます。

技巧的な部分が見受けられます。

 

8. Think About You

ノリノリで軽快なロックンロール。

アメリカの色が強くテンポの速い曲になっています。

ドライブによく合うと思います。

そしてアメリカの大地をバイクで走るイメージもしてしまいます。

最後は切ないギターの音で締めくくります。

 

9. Sweet Child o' Mine

ギターの名リフがここにある。

1.Welcome to the Jungle同様ガンズ・アンド・ローゼズを代表するナンバー。

バラードナンバーではあるがバラード過ぎず、ロックンロールのワイルドで荒々しい音もあり絶妙なバランスになっている。

ヴォーカルの歌い方もギターソロも切なくてしかたないです。

一つの物語を聴いているような曲です。


Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine

 

10. You're Crazy

直球サウンド。

ハイテンポで疾走感に溢れたロックンロール。

暴れるために作られたような曲だと思えてくる程の荒々しさだ。

シンプルでとにかく速い。

これは非常に解りやすい曲だ。

 

11. Anything Goes

ごきげんなサウンド

明るく軽快でパーティーが似合いそうなサウンドだ。

でもやはりどことなく危険な香りがする。

ギターによるトーキングモジュレーターを使用したり飽きさせない工夫がある。

これは隠れた名曲です。

トーキング・モジュレーター(talking modulator) - Wikipedia

 

12. Rocket Queen

危ない曲だ。

冒頭のドラムとベース、そしてギターの余韻が異次元空間に吸い込まれるような音を作り出すなど、曲の前半は緊張感に満ち溢れている。

間奏部分は女性の喘ぎ声が入っており、喘ぎ声に合わせるかのようにセクシーで変態的なギターソロを聴かせてくれる。

曲の後半は夜が明けたような清々しい音になっている。

なにか達成感のようなものを感じた。

 

APPETITE FOR DESTRUCTION

APPETITE FOR DESTRUCTION

 

 

以上、Appetite For Destruction (Guns N' Roses)の感想を記載させていただきました。 

選曲をするとしたら1. Welcome to the Jungle、6. Paradise City、9. Sweet Child o' Mine、になります。

 

1stアルバムにして既に完成されてしまったかのような印象を受けました。

ガンズ・アンド・ローゼズの特徴はブルージーで正統派ロックンロールの流れを受けているような音になっており、ガチガチなヘヴィメタルというよりハードロックのような音になっています。

ギターソロも初期ロックンロールを彷彿させるような音を中心とした音作りを展開させています。

そしてそれに加えてアクセル・ローズの存在感など、ガンズ・アンド・ローゼズならではのスキャンダラスでどこか危険で尖った要素もあります。

当作品もそのような音や要素になっておりガンズ・アンド・ローゼズをいかんなく楽しめます。

曲も個性的だがメンバーも個性的だ。

 

ではまた♪

 

関連記事

yt0719yt.hatenablog.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界