おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

LUNA SEA (LUNA SEA)

 

LUNA SEA

今回は、LUNA SEAのLUNA SEA (ファーストアルバム)の感想を記載します。

『LUNA SEA』(ルナシー)は日本ロックバンドLUNA SEAの1枚目のオリジナルアルバムである。

  

1. FATE

技術よりも勢いを前面に押し出したような曲。

曲構成や演奏技術等から荒っぽい印象を受けるが何か可能性のようなものを感じる。

ひしひしと一生懸命さが伝わってくる。

 

2. TIME IS DEAD

この時点でルナシーの骨格が形成されたような気がする。

妖しく美しいヴォーカルとコーラス、透明感あるギター、ラウドするベース、それを支えるドラムなど少しずつではあるがルナシーの音楽に対する姿勢や方向性が見えてくるような曲だ。

ルナシーの世界が徐々に暴かれる。

f:id:yt0719yt:20160726205839j:plain

 

3. SANDY TIME

音という主体で透明感を味わえる。

エフェクトを上手く使いこなしているためギターの音の伸びが非常に美しく体全体に響きわたる。

スローテンポなので伸びのあるギターの音の世界観をじっくり味わってほしい。

とにかくとにかく美しい。

 

4. BRANCH ROAD

鬼気迫るヴォーカル。

ヴォーカルパートの存在が大きく他のパートより際立っているのでヴォーカルの声量や技術を確認することが出来る。

この曲はおっとりとした優しい歌手の河村隆一ではなく、攻撃的で荒々しい歌手のRYUICHIだ。

河村隆一氏は多面性を持っている。

 

5. SHADE

叩きつけるスピード感たっぷりのドラムがカッコイイ。

とにかくドラムの存在が際立っているが、バランスが悪いというわけではない。

そこはしっかりシャウトするヴォーカルや静寂な世界観のある間奏を入れるなどバランスが上手く整えられている。

それはまるで職人のようだ。

 

6. BLUE TRANSPARENCY   限りなく 透明に 近い ブルー

何かに取り憑かれたかのようにシャウトする狂気のヴォーカル。

荒々しくシャウトするヴォーカルにそれを追いかけようと激しく演奏する楽器隊。

速いテンポで攻撃的だがサビのメロディーが耳に残る素晴らしいものになっている。

特に後半のドラムとベースがたまらなくカッコイイ。

飽きさせない展開を味わえる。

 

7. THE SLAIN

振り子の音が続くおどろおどろしいスローナンバー。

ホラーテイストなヴォーカルとホラーテイストなギターによるスライド及びビブラート。

曲というより不気味な音のショーだ。

難しい曲だが不気味さは非常によく感じとれる。

様々な音が混じり合うカオスな曲だ。

 

8. CHESS

叩きつけるハードなドラムが魅力的だ。

速いテンポでひたすら叩き続けるドラムが主役のような曲だ。

しかし曲の終盤は弦楽器のような音がする綺麗なサウンドを聴かせてくれる。

気が付くと、あっという間に終わってしまう展開だ。

忙しい曲だ。

 

9. MOON

ルナシーのギターが楽しめる。

ルナシーの魅力の一つである透明感溢れる壮大なギターの音をたっぷり味わえる曲だ。

スローナンバーなのでぜひともルナシーのギターをじっくり聴いて欲しい。

特にギターリストは聴いておいたほうが良いぞ。

そしてルナシーの世界観が完成間近のようなものを感じとれる。

f:id:yt0719yt:20160726225422j:plain

 

10. PRECIOUS…

アグレッシブなルナシーナンバー。

歌詞の世界観、聴かせるヴォーカル、透明感溢れるギター、うねるベース、叩きつけるドラムなど全ての面においてルナシーらしさが最もよく感じとれる曲だ。

速いテンポながらどこか物悲しく切ないところもまたルナシーらしい。

この曲で初期のルナシーが楽しめる。

f:id:yt0719yt:20160726225542j:plain

 

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード

 

LUNA SEA

LUNA SEA

 

 

以上、 LUNA SEA (LUNA SEA)の感想を記載させていただきました。 

選曲をするとしたら2. TIME IS DEAD、9. MOON、10. PRECIOUS、になります。

 

ルナシーのアルバムはどれも違う個性を持つが一貫して備えているのは透明感だ。

このアルバムには既にその透明感が存在しており確立されている。

そしてここまで独特な透明感を持ったアーティストはおそらくルナシーぐらいであろうと思わせてくれる。

勢いはあるが技術的な面においては他のアルバムと比べまだまだ粗削りな部分があります。

だからこそ、このアルバムでしか粗削りな部分を味わうことが出来ないということになります。

つまり粗削りではあるが勢いのある荒々しいルナシーを聴くことが出来るということです。

そしてこのアルバムの時点で月の光がよく似合うアーティストになっています。

 

ではまた♪

 

関連記事

www.ongakugasuki.com

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界