おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

旅路ニ季節ガ燃エ落チル (eastern youth)

 

旅路ニ季節ガ燃エ落チル

今回は、eastern youthの旅路ニ季節ガ燃エ落チルの感想を記載します。

eastern youth - Wikipedia

 

1. 夏の日の午後

イースタンユースの象徴的存在であり日本語ロックの宝。

緊張感を感じさせる静けさの中に口笛が鳴り響き徐々に激しい演奏へと展開していき、

『神様あなたは』

とヴォーカルが加わる曲構成。

シャウトヴォーカル、高技術なベース、安定感と安心感のドラム、そして歌詞とイースタンユースの特徴が最もよく感じれる作品になっていますのでぜひ聴いて頂きたいです。

音といい歌詞といい奇跡のような曲がこの世に生まれたと思っています。

この曲でテンションが上がりそして元気になれます。

f:id:yt0719yt:20160726093201j:plain

 

2. 男子畢生危機一髪

音、歌詞、全てが疾走感にあふれています。
音の観点からみても歌詞の観点からみてもサビがとても印象的で走りたくなります。
気持ちが沈みがちな時に聴くとモヤモヤ感を吹き飛ばし前へ前へと押してくれます。
気が付けばサビを口ずさんでしまいます。
 

3. 泥濘に住む男

夜明けを想像させる落ち着きのある曲。
夜明けを想像させる音にしっとりとした笛が絡みそれがとてもよく合う。
イースタンユースの持ち曲の中では比較的ゆったりとしており、ゆったりとしたサビがとても心地よいです。
そして良い朝を迎えさせてくれます。
 

4. 青すぎる空

イースタンユースの真骨頂。
夏の日の午後と同様イースタンユースを象徴させる曲。
懐かしさもあり切なさもある感動的なスローナンバー。
サウンドこそはスローテンポで演奏も大人しめだが、秘めたる心はとても熱く激しい。
まるでどこかへ向かう一人旅のようだ。

f:id:yt0719yt:20160726094750j:plain

 

5. 淡い影

軽快なサウンドに深い歌詞を持つ曲。
軽快なドラムに明るいメジャーコード、音こそは明るく軽快なサウンドだが歌詞に印象をもってしまう。
『正しい様でも答えじゃないんだ』の部分が個人的に印象深く気になってしまう。
その答えを知りたいです。
 

6. 徒手空拳

うねるベースに激しく美しいギター。
サウンド、歌詞ともイースタンユース節満載だ。
間奏部分のギターから緊張感を感じ、綺麗で美しいサウンドになっている。
 

7. 何処吹く風

疾走感と涙腺を刺激させるヴォーカルメロディー。
『アカイソラ、キレイダネ。ナカナイデ、カエロウネ。』、
『オツキサマ、キレイダネ。ウタウタッテ、カエロウネ。』の歌詞の部分がとても切なく感じました。
そしてドライブ中に思わずスピードを上げてしまいそうな絶妙のサウンドと曲構成。
全体的にバランスが良くテンポも丁度良いためノリノリにもなってしまいます。
 
 

8. 足音

ギターの音に緊張感が走る。
緊張感と透明感のあるギターがとても印象深いです。
音でも勝負を挑んでくる姿勢がよくわかります。
ギターのリバーブと思われる音の響きが非常に綺麗でとても美しいです。
ヘヴィーメタルなどに見受けられる速弾きギターとはまた違った魅力あるギターソロを聴かせてくれます。
 

9. 寄る辺ない旅

誰かの人生を見ているような曲だ。
山あり谷ありとまるで人生そのものを音で表現しているような壮大な曲構成になっており、静けさと激しさの両面を持っています。
曲の途中、伴奏が激しく鬼気迫るサウンドになります。
この曲を聴き終えた後、切なさと孤独を感じました。
 

10. 歌は夜空に消えてゆく

『人生の経過』という概念を音楽で表現したような曲。
優しくもあり情熱的なヴォーカルと歌詞からこれまでの人生の経過について考えさせられてしまい改めさせてくれるような印象を受けます。
終始スローテンポかつドラマティックな歌詞のためじっくり聴いて頂きたい曲です。
これまでの何かをやり直そうと思わせてくれる曲です。
一日一日を踏みしめよう。

f:id:yt0719yt:20160726093532j:plain

旅路ニ季節ガ燃エ落チル

旅路ニ季節ガ燃エ落チル

 

 

以上、旅路ニ季節ガ燃エ落チル (eastern youth)の感想を記載させていただきました。

このアルバムにはイースタンユースの代表曲と呼べるような曲がいくつもあり非常に聴き応えがあります。
そのためベストアルバムのような印象を受けました。
選曲をするとしたらやはり1. 夏の日の午後 、4. 青すぎる空、10. 歌は夜空に消えてゆく、になります。

初めてイースタンユースを観たのはフジロック99でした。

どこか懐かしさのある古風な日本語を中心とした歌詞の音楽がこんなにカッコイイものだとはイースタンユースに出会うまで知りませんでした。

そして音楽で初めて泣いてしまいました。

技術面においてもヴォーカル吉野寿氏による熱いシャウト及び感情的で掻き鳴らしたような爆音ギター、それをしっかり支えるベースとドラムによる演奏力など大変良い勉強になりました。

個人的に作詞作曲をやっていましたが、どれもイースタンユースの影響を受けたような曲ばかりです。

ギターもSGタイプを使用してシャウトヴォーカルをやっていました。

おかげで音楽が更に面白く感じれるようになりました。

イースタンユースに感謝します。

 

ではまた♪

 

関連記事

yt0719yt.hatenablog.com

 

yt0719yt.hatenablog.com

 

yt0719yt.hatenablog.com