おんすき音楽感想世界

聴いた音楽の感想を中心とするブログ

MENU

いつかイエモンはフジロック97の思いを晴らすのだろうか

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)は、日本のロックバンド。
略してイエモン。
1988年結成、2001年に活動停止。
2004年に解散、2016年に再結成された。
『ROCKIN'ON JAPAN』の邦楽アーティストの人気投票で1位に選出されたこともある。

SICKS

SICKS

 

 

1997年当時、イエモンのサウンドが気に入って何曲か聴いていました。

同じ時期、邦楽洋楽が入り混じった本格的な音楽フェスティバルが日本で行われると聞きました。

フジロックフェスティバル97です。

 

フジロック97の事が書かれていた情報誌を読んだだけで興奮しました。

それは出演アーティストが非常に豪華。

f:id:yt0719yt:20170817230229j:plain

引用元:ヒストリー|フジロックフェスティバル '17

あー、イエモンの名前もある!!!

単純に凄いと思い、感動しました。

行きたいー。

 

しかし、その頃の私は未成年の上に働いておらず。

よってチケット代も交通費も高額だったので見送りました、、、。

ちなみにフジロック97は富士山がちゃんと見える場所でやっていました。

 

時は流れ、フジロック97のライブ映像が衛星放送のWOWOWで放送されました。

気になっていたイエモンのライブをついに拝見!!!

しかし、イエモンのライブ映像を観て大衝撃。

会場がシーーーン。

前列の女性ファンらしき人達だけが盛り上がり、他の観客はシーーーン。

イエモンの時は盛り上がっていない様子でした。

後から聞いた話によるとイエモンに対して観客から怒号や罵声が飛び交っていたようです。

イエモンメンバーの吉井さんが言うには解散の理由の何%かはこの時のライブだったそうです。

なお他の邦楽勢であるハイロウズは盛り上がっていました。

 

この違いは何故なのか?

どうしてこんなに差が出たのか?

何故イエモンの時は盛り上がらなかったのか?

当時から今にいたるまで色々と原因を考えました。

 

考えられる原因その1 『有名で売れているから』

流行に流されずマイナーを好み、有名で売れているから聴かないという現象が存在します。

『聴かず嫌い』または『中二病』です。

当時のイエモンはテレビに出たりと有名で売れていました。

それらが面白くなくて冷ややかな目線で見られ、盛り上がらなかったのだと思いました。

しかし、同日の同ステージにおいて邦楽のハイロウズも出演していました。

ハイロウズも有名で売れていました。

だが、ハイロウズのライブは大盛り上がり。

よってこの原因は考えにくい。

 

考えられる原因その2 『天候が悪かったから』

当日は台風が直撃、音楽を楽しむ状況ではありませんでした。

だが、レッチリを含め他のアーティストのライブでは台風に負けじと盛り上がっている様子が映っていました。

よってこの原因は考えにくい。

 

考えられる原因その3 『世界的アーティストに挟まれていたから』

・フーファイターズ

・レイジアゲインストザマシーン

・イエローモンキー

・レッドホットチリペッパーズ(この日のトリ)。

このように世界的アーティストに挟まれていました。

これを踏まえフジロック98における邦楽のブランキージェットシティ及び同じく邦楽のミッシェルガンエレファントと比較してみた。

 

(フジロック98初日)

ブランキーの後にはソニックユース、ベック、ビョークという世界的アーティストが控えていました。

別のステージですが、イギーポップも控えていました。

だが、ブランキーのライブは大盛り上がりで素晴らしかったです。 

 

(フジロック98二日目)

ミッシェルにおいてもKorn、イアン・ブラウン(ストーンローゼズ)、プライマルスクリーム、プロディジーとこれまた世界的アーティストが控えていました。

だが、ミッシェルのライブはフジロックの歴史に残るほどの盛り上がりをみせ、世界的アーティスト達を圧倒していたような印象がありました。

よって『世界的アーティストに挟まれていたから』というのは考えにくい。

 

という事はやはり、バンドの音が原因だったと思います。

ハイロウズ、ブランキー、ミッシェルのライブは熱くて凄まじい迫力でした。

本能的で野性味溢れた熱い音。

つまり、『説得力のある音』です。

『説得力のある音』はバラードを含め全ての音楽ジャンルに必要な要素です。

世界的アーティストに挟まれながらもイエモンは一生懸命に演奏をしていました。

しかし、台風だろうと炎天下だろうと聴き手側が求めているのは『説得力のある音』です。

残念ながらフジロック97のイエモンのライブの時には『説得力のある音』が感じられませんでした。

これが決定的だと思いました。

 

最後に。

あれから20年が経ちました。

正直、あの時のライブの結果は悔しかったです。

ショッキングでした。

いつかイエモンはフジロック97の思いを晴らすのだろうか。

イエモンによる『説得力のある音』があるならばフジロック97の思いをフジロックで晴らして欲しいと願っています。

 

以上、『いつかイエモンはフジロック97の思いを晴らすのだろうか』について記載させていただきました。

 

ではまた♪ 

 

邦楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

洋楽の記事一覧 - おんすき音楽感想世界

番外の記事一覧 - おんすき音楽感想世界